西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

手の中にある二人の女神とは?

●手の中にある2人の女神とは?
 
西洋手相術は、手の中に7つの惑星が配置されています。
7つの惑星は、それぞれ神様がその惑星を守護していますが、
その中で女神が守護している惑星が2つあります。
 
それが月と金星です。
手相でいうと、手の縁(へり)の方が月のエリアで、
親指の下は金星のエリアです。
 


 
西洋手相術では、手首に近い方がその人の潜在意識的なもの、
根源的なもの、ルーツを表現しています。それを月と金星という女神で表しています。
 







●純粋さを表現する神「月」アルテミス
 
月はアルテミスという女神。太陽神アポロンの双子
の姉で、父親はゼウス。母親はレトという神様です。
この二神は、西洋の占いでいうところの陰陽(女性性と男性性)の
象徴でもあります。
 
アルテミスは、神々の長であるゼウスに永遠の処女性を与えられた
だけでなく、ギリシャ全土の山を支配する山の女神でもあります。
アルテミスは、幼児や少女、少年といった社会の一員でない
人たちの守護神とも言われ、アルテミスを祀る神殿は、ギリシャの
街と自然の境界に置かれているそうです。
月には誰にも侵されない孤高の純粋さというのがあり、
西洋手相術でも、純粋さや子供っぽい考え方、転じて物事
を表現する創造力を表す意味があります。
 
日本神話でも、似ていますよね。月は月読命、ツキヨミさんですが、
お祀りされている月読宮は、天照大御神がお祀りされている場所から
ちょっと離れていて、森の中にポツンとある感じです。
個人的な意見ですが、ツキヨミさんは、生命力を感じないのですが
それゆえの神聖さというのがあるような気がします。
 
●和合の女神「金星」アフロディテ
 
金星はアフロディテという女神。ヴィーナスの名で知られる女神で、
調和とか和合を表す神様です。万物を結びつけ、さまざまなものを
結合させるという役割を持っています。マークはお馴染みの女性の
象徴ですよね。
 
 当然のことですが、手相の月のエリアには指がついて
いないのですが、金星のエリアには親指がついています。
ヒトは親指の下の筋肉が発達しており、他の四つの指とくっつくことが
できるのですが、類人猿は親指を他の四つの指とつけることはできません。
これがヒトを人間にしている理由とも言われているのですが、
指と指をくっつけるという意味も、アフロディテという女神から
来ている気がします。
つまり、手の中で金星のエリアを見れば、その人が
どうやって社会と結びつこうとしているのかが
わかるのです。
 
ちなみに、
 
生命線が、月に向かっている手相を持っている人がいます。
この人は、月という純粋さを持って、和合や結びつきを発揮
するため、自由人的な人が多いです。
 
こんな感じで、
西洋手相術を勉強する時は、ギリシャ神話を一緒に勉強すると
とても理解が深まります。
 
西洋手相術を勉強したいのであれば、こちらまで!
 
 

感情は放っておけば、いつの間にかなくなる

怒りで人生を棒に振らないために・・・
 
今年は政界、相撲界で怒りをきっかけに人生を棒に振ってしまう人たちがたくさんいました。
私も他人事ではないなと思いました。
 
西洋手相では、手を閉じた時に親指の第二関節あたりにお肉が余っていたり、手のひらの真ん中に線が多い人は、火星が強いと言われています。仕事ができる人も多いのですが、怒りが暴発する人も多いです。
 
これから忘年会や新年会を迎える人も多いと思いますので、突発的な怒りの制御法は是非とも覚えておきたいものですね。
 
●感情の法則とは?
 
森田正馬さんという精神科と神経科のお医者さんがいます。
もうお亡くなりになられたのですが、森田さんの編み出した
悩みがちな人のための療法は、「森田療法」として有名です。
その中に、感情の法則というのがあります。
 
その第一に「感情は放置すれば消失する」というのがあります。
怒りの感情も同じで、「カチン!」とか「むかっ!」と来た時には、
感情のピークで、どうにも収まらない気がするものですが、
少し放っておけば、その怒りの気持ちは消失して
しまうものなのです。ところが、その感情に集中したり、
短時間にその感情を繰り返し経験すると、怒りの感情から逃れられ
なくなります。
 
そこで、怒りの原因となる刺激を遠ざける、
というのが、怒りの感情を早く消失させる
ポイントです。
 
怒りの感情が出て来たら、10数えるというのもいいですが、
私などは最近、「静寂な場面」を思い浮かべるようにしています。
思い浮かばなかったら、iPhoneで撮影した
自然や神社の写真をみるとかして、落ち着ける
ようにしています。
私の知り合いでは、子どもの写真を
見る人もいました。
 
あとは、許容力を増やす訓練です。
 
年をとってくると感情線が頭脳線に伸びて、手のひらで
真一文字になってしまうことがあります。
要するに頑固になって来ている証拠なのですが、
こういう線が出てくると許容力がなくなって来ます。
 
オススメは、神社に行ったり、自然を見たりすること。
何千年と御鎮座している神社の歴史に触れたり、
何万年という自然の歴史に圧倒されたりする
神様や自然の偉大さを感じるとともに、
自分のちっぽけさを心に刻むことができます。
いざ、怒りの場面に対面したときに、怒りに直結しなくて
済むようになります。
 
ただ、アルコールが入ると怒りの原因に集中したりして
怒りが増幅されるので、酒の量もほどほどにしたいですね。
外に出て深呼吸というのもいいかもしれません。

大震災でお酒に頼る人が増加している

岩手、宮城、福島で飲酒量が増え続けている

 めっきり寒くなり、朝晩の冷え込みがキツくなってきましたね。

この間、仕事で朝から3時間ぐらい外で仕事したら、寒くて
身体が痛くなってきました。今年は年明けでないのに、寒いですね。
 
さて、ニュースを見ていたら気になるニュースがありました。
東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の三県の成人一人当たりの酒の量が増えているということが国税庁の調査で分かりました。
2011年以降、全国平均は横ばいなのに対して、
被災三県は増加傾向。たとえば、2015年では、
全国平均が81.6リットルに対して、
岩手が90リットル、宮城は84.2リットル、
福島は81.7リットルと飲酒量が増え、
その状態が維持されているようです。
 
身近な人との死別や将来への不安が引き金になって、
飲酒による健康障害や自殺が深刻化しているとのこと。
今後、被災者支援事業が終了して、将来の不安が増加すれば、
さらにアルコール依存症の問題が増加する
のではないかと予測されています。
 
特効薬がない、”依存症”という病
 
アルコールに限らずですが、依存症の最も大きな問題は、
特効薬が存在しない、ということです。
アルコール依存症というと、病院とか専門医に相談を、
ということですが、実際のところ相談しても問題は、
ほとんど解決しないことが多いものです。
病院はビジネスですから、治そうという意志がない人は、
最初から相手にしてくれません。しかし、本当に
助けが必要なのは、治そうという意志すらを持てなくなって
いる人だと思うのですが、、、、。
 
しかし、なぜ特効薬がないのでしょうか?
 
なぜならば、依存症は、その人の性格に大きな
原因があるとされているからです。たとえば、
アルコール依存症の約6割は、遺伝要因で発症すると言わ
れています。遺伝と性格は非常に密接な関係があり、
遺伝研究が進んでいます。
 
一方で、薬物依存症研究の先進国である
アメリカでは、依存症を病気と考える概念
自体を止める動きがあります。依存症は
本来繋がりを求めている人間の代償行為
に過ぎないので、病気ではなく、その人
の行動パターンに原因があるのではないか
と考えるようになってきたからです。
 
特効薬がないのですから、薬や治療だけでなんとかしよう
という考え方は止めて、普段から依存状態にならないように
環境を改善し続ける作業が大事だと思います。
ナイチンゲールが病の回復に最も重要なのは、
環境の整備だと言ったように、依存症でも
環境整備の方に力を入れて欲しいと思います。
そして、占い師を環境整備でも活用してもらい
たいです。
 
「孤独」にならないようにする
 
人間的な”つながり”の代償行為である、依存症。
薬物、アルコール、恋愛、セックスなどの依存状態が発症
する前には、必ず「孤独」という環境が存在しています。
 
誰にも相談できない、コミュニケーションをとる機会がない、友達がいない、新しい
ことを学ぶ、興味のある世界が存在しない、などなど、その人が社会と寸断されている環境が長く続いている時に、薬物やアルコール、恋愛、セックスと言ったものに溺れていくというプロセスが必ずあります。
自分は社会から見捨て
られているという感覚そのものが引き金になるのです。
一旦、依存症になれば、薬物やアルコールが孤独を埋めてくれる
ので、そこを断つのはなかなか難しくなります。
なぜならば、クスリやお酒が、友達になっているから。
それをクスリやお酒を絶交させる家族や友人と対立して、
さらに「孤独」になるというマイナスの循環になります。
 
だからこそ、普段から「孤独」にならないように、
相談できる人やコミュニケーションを取れる人を
増やしておくとか、新しいことを学ぶ機会を増やす
ことが大事です。そして、どんなことに「孤独」を
感じるのか?
どういう状況で「孤独」を感じるのか? 自分の
性格を客観的に把握することが何よりも大事です。
そのような環境を整備することのために占いを活用する
というのは、とても良いことだと私は考えています。
 
自分の性格や行動パターンを分析したくなったら、

結婚やカップルで長続きさせるコツとは?

結婚やカップルで長続きさせるコツとは?
 

 
アドラーの著書の中で、愛と結婚について語られているものがあります。
この中で、アドラーは、次のような例えを出して、
結婚のための主たる条件として、「協同」をすることが
必要条件である、と語っています。
 
ドイツのある村には、花嫁と花婿が両端に柄のついた
ノコギリを動かして、大きな木を切るというテストがあるそうです。
お互いに信頼をしていなければ、お互いに引っ張りあって
失敗します。また、一方が主導権を握って、
全て一人でやるということになれば、倍の時間がかかる上に
効率も悪い。熟年離婚や死後離婚になるケースです。
 
二人の関係が上手く行かない場合というのは、
自分のことに関心が向いている、というのが原因です。
 
お互いの関係において、相手から搾取してやろうとか、
自分だけしか関心がなければ、自ずと喧嘩になったり、
関係が冷えてきたり、最悪のケースでは別れてしまう
ということもあるかもしれません。
しかし、お互いが相手に関心を持っていると、
関係は良好になる、というわけです。
 
結婚している人でパートナーとしてお互いに、
うまくいっている人に見られる特徴として、どこかしら、
お互いの性格や行動、振る舞いに関心を持って、
尊重しているところがあると思います。
 
良きパートナーの手相とは?
 
ところで、西洋手相では同じ手相を持っている人が、
パートナーとして相性がいいということがわかっています。
同じようなところ、似たようなところがある
カップルは、長続きするのと同じです。
性格や行動パターンが似ているので相手に関心を
持ちやすいことがあるので、カップルが長続きすることに
なるのかもしれません。
手相が同じカップルに話を聞いたりしてみると、
悩んでいる悩みが実は同じだった、ということが
よくあります。
 
一方、全く違う手相を持っているカップルもいます。
手相が違うということは、性格が違うということを
表します。
お互いがお互いの性格が違うというところを
理解することからスタートをすべきでしょう。
相手と自分が同じだと思うから腹が立つのであって、
違うと思えば、腹も立ちません。
まず、違いを認めてから、相手に関心を持つ
ということが大切になるでしょう。
実は主要な性格は異なっていても、細かい嗜好や趣味、
行動パターンが似ていたりするものです。
そうした似たところから、相手のことを知る
きっかけをつくる。それが、関係を長続きさせる
秘訣になるのです。

16世紀の手相本とは?

●昔の西洋手相がわかる
 
 いろんなものの起源を調べるのが好きで、昔の西洋手相はどんなことに注目して、
鑑定していたのか、ということを自然と調べてます。
 そこで、興味深い本を発見しました。
 

 
グリヨ・ド・ジヴリという19世紀の敬虔な修道士さんが
書いた本です。この方は同時にオカルティストで、
オカルト研究家でもありました。語学も堪能な人なので
オカルト書籍の訳書がいっぱいある人です。
 
この本は、占い、占術の方法も含めたオカルトの世界が
どうなっているのか?
ということを書いた本なのですが、この本が出版された
1929年に、著者が突然死するという曰く付きの
本だったりします。
 
さて、手相占い師は、著者によれば秘術師というカテゴリー
に分けられています。秘術師という人たちは、オカルト
技術を悪のために使うのではなく、世の中のため
に活用する人たちなのですが、社会の枠から外れている人たち
だとされています。そこで、秘術師が活躍した業績を紹介するために、
この本には昔の手相の鑑定の方法が色々と書かれています。
 
●敬虔な修道士が手相の本を書く
 
その中で、
ヨハネ・インダギネという有名なベネティクト派修道院長が
1549年に出版した『手相術』を取り上げています。
この本は、アウトローの世界では、こういう文化も
ありますよ、という図鑑的な意図で書かれた本です。
占い師が占い師のために書いた本ではないので意味が曖昧です。
 
 A 手のひらの線または幸運線(感情線か?)

B 血管、心臓線(生命線か?)
C 女性の影響線 (左手は女性的「陰」)
D パーカッション(手のヘリ)
E 生まれつきある真ん中の線(頭脳線か?)
F 肝臓線または、胃の線(健康線か?)
 

 







A 幸運の線 (感情線か?)
B パーカッション(手のヘリ)
C 男性の影響線(右手は男性的になる「陽」)
D 肝臓線、胃の線(健康線か?)
E 四角形の印
G 親指のエリア 
H 心臓線、血管線(生命線か?)
I 三角形の印
K 生まれつきにある真ん中の線(頭脳線か?)
 
右手の手相を見ると、手のひらと惑星の関わりが記されています。
 
面白いのは、修道士が手相を後世に伝える担い手に
なっている、ということです。

占い師に聞いた話や伝聞など世に散らばっている情報を集約して、
わからないなりに、体系化することで、手相占いの文化が少しずつ
蓄積されていったんだなということがわかります。
 
実は、人相もヨハン・カスパー・ラヴァターという
ドイツの改革派の牧師さんが観相学という顔や体型から、
性格を判断する本を出版しています。
ラヴァターの観相学を当時の知識人であった小説家で詩人の
ゲーテなどが支持して、流行らせたということもあります。
 
占いを否定するキリスト教の関係者から占いの研究
が進むというのも面白いなと思いました。

金星環はなぜ、金星の輪というのか?

海外の手相の本を読むと面白い
 
最近は、海外の手相の本を読むことが多いです。
アマゾンドッコムレビューで高評価があったものなどを
中心に、その著者が、どういう手相の読み方をしている
のか調べています。
 
西洋手相だと大体同じですけど、
著者によって解釈が若干違う部分もあります。
 
最近ハマっているのがこの本です。

 
 

日本の手相の本もいいのですが、宿命論に偏りがちなので
西洋手相の考え方とだいぶ違います。
読んでも、参考にならないところがあるので、私は海外の本を中心に読んでいます。
 
もちろん、海外の本も私の解釈とは違うところもあるのですが、参考になるところがたくさんあって興味深いです。
 


西洋手相の本は、7つの惑星(月、火星、水星、木星、
金星、土星、太陽)の心理的解釈をベースに、
その人のパーソナリティにスポットを当てて、
手相からその人の心理や行動パターンを分析する、
という視点で書かれています。
 
この本は写真やイラストも豊富で面白いですが、
手相のイラストが本文と別のところにあったりして、
少し読みづらいところがあります。
古い手相本ではよくあるレイアウトなのですが、
その方式で書かれているようですね。
 
この本は著者であるスピリチャリストのエレン・ゴールドバーグさんの
40年に渡る、手相研究の成果を載せたものという
凄そうな書籍になっています。
実際読んで見ると、結構、細かいところまで書かれています。
何と言っても副題が、
「古典的手法による、自己発見のための手相本」ですから、
まさに西洋手相術のための本といっても過言ではないでしょう。
 
金星環は、なぜ「金星」という名がついているのか?
 
エロ線と言われている金星環。
人差し指の間から薬指と小指の間に入る線です。首飾りみたいな形をしている線ですね。
 
西洋手相の勉強をスタートしてから、
「なぜ金星という名前が付いているのかな?」
ということが疑問でした。
手相が流行っていた19世紀の本を読んでも、この線はすでに金星環という名前になってました。
 
先ほどのエレン・ゴールドバーグさんの本によると、金星環は感情線(Heat Line)の姉妹線(支線みたいなもの)として出てくることが多いと記述されています。
 
まー、そうですよね。
 
西洋手相では、感情線は感情を表現するのではなく、
その人の対人心理を表しています。
 
金星環があると、敏感になり、感覚が優れ、
相手への洞察力が増える、とされています。
感情的な人とか、感覚的な人ということだと思います。
空気を読む力が半端なくなる、というとことでしょう。
これを持っている人は、接客業とか人に関わる仕事
が向いていると言えそうですね。
逆を言えば、金星環がある人に、キツイ言葉は
禁物ということも言えると思います。敏感なので。
 
社交性が高いということから、社交性に関わる惑星
ということで、金星という惑星が充てられたのでしょう。
社交性が高いという人は、恋愛も上手でモテるので、
愛の線ということになり、日本の手相で拡大解釈
されて、エロ線とも呼ばれるようになったということですね。

自分の運をとびきりよくする方法

●ただ自分の見方をポジティブに歪ませるだけ
 
運を良くするためには、物事をポジティブに
捉え、積極的に関わってチャンスを逃さない
ことが重要です。
 
社会心理学や行動経済学の実験によると、
運がいい人と、悪い人の違いは、
目の前に起こっている出来事をどのように認知
し、脳にフィードバックするのか? 
が異なるということだそうです。
 
運がいい人の認知はポジティブに歪み、
運が悪い人の認知はネガティブに歪んでいます。
たとえば、
小指(水星指)が他と比べて短い人は、
自己肯定感が少ないと言われています。
自己肯定感が少ない人は、不安を感じると
無力感にさいなまれます。
経験則によって、自分が否定された
イメージを信じてしまうからです。
 
だから、過去の家庭環境などの経験則からネガティブに認知して
しまう人は、ポジティブに認知を歪ませる
必要があるのです。

それが験担ぎだったり、
おまじないだったりします。
 
そういう意味で言えば、占いもそうかもしれません。
占いで悪いことを言われても、いいことしか
信じないという方法は、科学的に理にかなっている
ということなのです。
 
自分にとって良いことを信じるということは、
重要なのですね。

イヴァンカ・トランプさんの手相

●ファーストドーター来日!
 
来日中のイヴァンカ・トランプさん、
マスコミは、すごく好意的に取り上げて、
ファッションモデルみたいですね。
イヴァンカさんは、フォーブズの世界に最も影響力
のある女性で19位になっている人でもあります。
 
あっ、そういえば、前回、手相分析した
ホープ・ヒックス暫定広報部長、
無事に正式に広報部長に昇格したようですね。
 
                                      ©︎米国大使館
 
今回は、イヴァンカ・トランプさん
の手相を分析したいと思います。
 
イヴァンカさんの手相は、下のような感じでした。
 

手のひらの特徴的なところでは、

 ①人差し指の下のエリアの木星宮が
膨らんでいる。
②手の縁に当たる第二火星宮が
膨らんでいる。
③中指の真下にある土星宮が
膨らんでいる。
 
ここから感じるのは、
トランプ大統領の側近としての
役割は母親的なものである、
ということです。
慈悲深く、寛容で、そして
我慢強い、という感じです。
 




手の線の特徴的なところでは、
 
①青線(頭脳線)とオレンジ線
(生命線)の間が大きく離れている。
=木星宮に近いところで頭脳線が
発生している。
②赤線(感情線)が人差し指に
向かって流れている。
③運命線(黒線)が手首に近い
ところ(金星宮)から発生している。
 
ここから考えられるのは、
本当は、自由奔放で
無邪気な女性だけど、
子どもの頃から一家の長女としての
教育が行き届いていて、本人も
非常に責任感を感じるタイプであり、
与えられた責任をこなす、
優等生的な人であるということが
わかります。
 
イヴァンカさんは、
中指が薬指に曲がっているのですが、
これも自分を抑えて、責任感が強すぎる
タイプに多い手相です。
 
長女の方は、家族だけでなく、
ご両親も守ろうと必死になりますから、
自分がどういう立ち位置にいれば、
皆が幸せになれるかを一番考えて
身を処している感じがします。
大変そうですね。
 
運命線が金星宮から出ているので、
家族を意識しますね。子どもの頃は、
父親のビジネスで本当に厳しく育てられた
そうで、お金持ちはお金持ちなりの
苦労があるのだなと思いました。
 
トランプ大統領は、家族で側近を
固めている感じですが、基本的に、
自分に反抗せず、上からの意見を忠実に
守るタイプを側に置きたいようですね。
野心をむき出しにしてくるようなタイプ
はダメなんでしょうね。
 
●起業家としての評価は?
 
 手相だけを見ていると、アイデア
マンとしての能力は非常に
優れているものの、大きな組織を
統率するというのは、ちょっと
荷が重いかもしれません。
”副”とか”サブリーダー”的な
イメージがありますね。
 
本人もいろいろなことがやりたいから、
意外と飽きっぽいんじゃないかなと
思います。飽きっぽい人はその反対で
好奇心が旺盛な人も多いのが実情です。
いろんなところでビジネスを立ち上げ
る、立ち上げ屋みたいなタイプですね。
アメリカの政策にも助言されているようですが、
イヴァンカさんを通して、先進的な
アイデアが実現できるといいですね。
 
●11月8日(水)西洋手相術基礎講座やります
 
2017年11月8日(水)
に西洋手相術基礎講座を行います。
 
通常価格のところ、
特別価格1万9000円にて格安で開催します。
(再受講をご希望の方は、
     5000円になります)
 
西洋手相術講座(基礎)
 
時間:11:00〜18:00(予定)
 
内容と時間配分:
11:00~12:30 手相占いと背景、宮
12:30~13:30 昼食
13:30~15:30 線、流年法
15:40~17:30 指紋と爪、手のひらにあらわれる
         しるし、実占
17:30〜18:00 実際に占っていただきます 
 
※適宜、休憩をとります。
 
参加人数:最大6名(11月2日現在、残席3)
場所:灯台屋さん(http://todaiya.com)
 
参加お申し込みは、下記までご連絡ください。
(できるだけ11月6日中にお申し込みください)
 
電話番号:090−1768−0244
メールアドレス:kanotako@kanotako.com
 
お申し込みをお待ちしております!

ゴミ拾いが、心の疲れに効く理由

※自己認識が低いと疲れが感じにくくなり、エゴが高いと
助けはいらないという心理状態になる。この2つの要素を
基準値に戻すことが大切


●中指には要注意!!
 
西洋手相で土星指といえば中指ですが、
この指にまつわる問題が意外と多いものです。
 

特に土星指が強い人(中指がとても長い、
中指が薬指に寄っている、
第二関節が長い)に多いのですが、
自己認識が低いので、
自分が精神的に疲れている
ということを無視してしまいます。
もっと頑張ろう、もっとやらなきゃ、
もっと上を目指さなくては、という感じです。
 

一方で、そういう人に限って助けを求めません。
感情線が中指に向かっている人、
中指に指輪をしている人
は自分(エゴ)が強いので、
助けを拒む傾向があります。
 
土星が強い人は、真面目な人が多いんです。
日本人に多いみたいですね。
 
これが精神的な疲労のメカニズムです。
睡眠では、完全にこうした精神的な疲労は解決できない
とされています。では、どうすればいいのでしょうか?
 
●心に奉仕が効く理由
 
 特に土星が強い人は、自分に意識が
向かっている状態なのです。ですので、
奉仕活動をすると、強制的に
外に意識が向くので
精神的な疲労から回復するのです。
 
奉仕活動といっても何でもいいのです。
ゴミ拾いでもいいですし、神社をキレイにする
とかでもいいです。意識を外に向けられるんだったら、
何でもいいのです。
 
私は占いをやってあげるとか
オススメですけどね(笑)。
 
ポイントは、自分の生活となるべく関係ない
活動を選ぶことです。
自分と関わりのあることは、日常と
変わらないので、効果は薄いです。
 
フロレンス・ナイチンゲールというクリミア戦争で活躍し、
近代看護教育の母といわれている英国の看護師がいます。
 
有名な人ですね。
 
ナイチンゲールが書いた『看護覚え書』という著書
には、入院患者に対して余計な忠告を
したり、患者に対して病状を聞くの
は患者の気分を重くするだけなので、
止めた方がいいと書かれています。
 
まさに、その通りだと私も思います。患者は
その言葉によって、病気や怪我に
意識が集中して
しまうのです。
 
そこで、意識を外に向けることを提案しています。
たとえば、入院している重病人の心が癒
されるものとして、生命力のある
赤ちゃんを見ることが、
患者にとって一番癒されると書いてあります。
 
これも一つの意識を外側に向かせる方法なのでしょう。
 
意固地になったり、何だか疲れているなと
思ったら、自分の生活に全く関係のないことの
奉仕活動をしてみる、すごく心が変わると思いますよ!

占いの鑑定の悩みが多い経済的DV

●日本のDV対策
 












日本のDV事情、
右肩上がりですね。。。
潜在化していたのが表面化したという
ことだと思います。
 
 ところで、放送大学を何気なく見ていたら、
ドメスティック・バイオレンス(DV)
の患者さん(被害者)に
どのように看護師さんが対応するか?
という内容の講義を行なっていました。
ドラマ仕立てになっていて、対応の方法に
ついて学ぶというものです。
 
昔、ER(緊急救命室)を見ていた時に、
同じような内容のストーリーを何度も見ていたのですが、
アメリカの医療従事者にはDVに対応するルールが
確立されています。DVが判明した時点で、裁判所から
即日判決が出て、加害者が隔離され、適切に保護されて
いました。アメリカでは、DV対策が医療費軽減に
繋がると考えられているのでシステマチックです。
 
しかし、日本の医療機関の場合は、まだまだそう
じゃないみたいですね。良心に任せる的な。
 
講義でも、
「あなたも悪いところがあったのではないか」
「そんな人とは別れちゃいなさい」と
言わないように気をつけることなどの
注意事項が羅列されていました。
 
昔よりまともになりつつあるのですが、
まだまだ、のんびりしているなという印象です。
 
私の実家は日常茶飯事のようにDVが行われていて、
毎日が、アルコールと暴力沙汰だったので、
「ホントに助けて欲しい」と思いました。
被害者は、なかなか助けてって言えません。
まして加害者が親の場合、言ったら被害を受ける
と恐れるので、言えません。
ある程度の強制力を持って、隔離しないと、
子どもの教育とか子どもの人生とか、
いろんなところに影響が出てくると思う
んですけどね。。。
 
その講義の中でDVの種類というのを紹介していた中で、
「経済的な暴力」というのがありました。
 
●経済的DVとは?
 
経済的DVとは、
生活費を渡さなかったり、
生活費を使わせなかったり、
働いてきたお金を取り上げたり、
外で働くのを禁じたりして、
精神的な自由を奪うDVのことです。
モラハラの一種ですね。
 
DVは色々な種類がありますが、
夫婦間の占いのお悩みで多いのも
実は経済的DVが多かったりします。
 
経済的DVは難しいです。
 
被害者は圧倒的に女性が多いのですが、
ご本人も暴力を受けていると気づいてない
ケースも少なくありません。
 
お金を稼げない自分が悪い。
だから、もっと頑張らないと
という考えになって、
どんどんエスカレートしてしまうケースです。
 
公的機関や民間団体などの相談窓口
もあるのですが、なかなかそれに到達できない
ケースも多いみたいです。
表面的に何か怪我をしているわけではありません。
他者が見つけにくいのです。
 
そこで、占い師に相談するという
ことになるのです。
占いでは、お話をすることで解決の
糸口が見つかる場合もあります。
 
必ずしもパートナーと別れるというわけではなくて、
経済的にも精神的にも自立するということが
ゴール地点になるかと思いますが、
 
まずは、占い師でもなんでもいいので、
相談をしてみて、前に進む
エネルギーをチャージすることも必要かと思います!