西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

自分のご褒美に何をもらうか?

★変化の星の角度で厄年に★


西洋手相術占い師、叶多幸です。

今年、私は後厄で、大変化が起きまくってますが、

人生の方向性を考えるときには、こういう人生の節目の見方が

参考になりますね。

西洋占星術でも、厄年ってあるんです。

何で見るのかというと、天王星です。

天王星は約7年で1つの星座を移動します。

そして自分の誕生日の太陽と天王星が180度になったときに、

変化が訪れます。これがだいたい42歳ぐらい、となります。

天王星は変化の星ですから、この時期に大きな人生の変化が

訪れるということですね。

私の場合、天王星と太陽が一緒の場所にあるので、

大変化を経験しているようです。当たってますね。。。

ちなみに、手相では運命線が感情線にぶち当たる45歳

~50歳ぐらいが、変化の年と見ます。



★土星の課題を克服すれば、プレゼントがもらえる★


もうひとつ、土星も見逃してはいけないですよね。ひらめき電球

こちらは人生に落ち着きをもたらす、惑星になります。

この星は約2年半で1つの星座を移動します。

12星座回るのに約29年かかるわけですが、

このときに結婚される人、とても多いですよね。

もう1周すると、約58歳になるんですが、

自分の星座にある土星の課題を克服すると、

素晴らしいプレゼントがあるんです。クラッカー

私の課題は「家族愛で自己肯定をすること」なん

ですが、あと16年のうちにその課題を解決すると

素晴らしいプレゼントがもらえるわけですね。

皆さんも自分の土星の課題を見直して、

人生後半で、素晴らしいプレゼントを受け取って

下さいね!


自分のご褒美に何をもらうか?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment