西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

手相の左手と右手、どちらを見る?



★手相の左手と右手は、どちらを鑑定する?★


西洋手相術占い師、叶多幸です。

手相占いで、お客様が気にされるのが、

右手と左手のどちらで鑑定するか、ということです。

よくあるのが、左手はその人の心を表し、

右手は今の自分を表す、なんていいます。

左手は潜在意識を表して、右手は顕在意識を表す、ともいいます。

西洋手相術の巨人の一人、キロ(Cheiro)は、両手を鑑定するけれども、

左手よりも右手を重要視していたそうです。

理由は、現実的に脳が大きく右手に関わっているからだといいます。

左手はもって生まれた性格で、右手はそれを活用した結果、得られる

事柄が書いてあるということです。

しかし、私のように、左右でまったく違う手相を持っている人も

いますから、一概に、生きているうちに性格が変わったなんてこと

はあり得ないはずです。



































★叶多幸は、どう読むか?★

 両親の遺伝子が半分半分、入り、自分という人間ができるのですから、

私の場合は、左右の手は、そのまま父親や母親の性格を表現している

と考えています。ご両親の性格的が似ているような場合は、同じ手相

であることが多いです。といっても、100%同じというわけではありません。

ごく一般的には、左手が父親、右手が母親を示す場合が多いようです。

手相の変化は、右手一方に出るのではなく、左手にも出ます。

どちらの性格が自分に優先的に出ているのかは、

両手を組んだときに、親指が上になるほうで見るのです。

そうして、鑑定してみると、自分という人間が複雑な構成によって、

形づくられているということもわかりますし、

将来についても、より詳細な未来がわかるようになるのです。





手相の左手と右手、どちらを見る?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment