西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

どういう風に生きてきたかがわかる線


★家の関係を見る運命線★


西洋手相術占い師、叶多幸です。

運命線は、西洋手相術だと、Fate Line(運命の線)、

もしくはDestiny Lineなどと言われることや、

中指(土星指)に向かう線なので、

Saturnian Line(土星線)などと言われることがあります。

手相家の中でも、結構、解釈が分かれるんですが、

私の考え方では、運命線のスタート地点(手首側)は、

家族との結びつきが描かれていると思います。

ですので、運命線を見ると、

その人が家の中でどのような役目を

担っているのか、ということがわかります。

たとえば、運命線が生命線上から出ている人がいます。

こういう人は、長男や長女が多い傾向があります。

日本の手相の本を見ると、「幼少のときに苦労するが、

晩年、大きく成功するなどと書かれています」という

記載があります。なんでそんなことが書かれているの

かというと、西洋から輸入されたときに、

そうやって書かれていたからです。

でも、実際に占いをしてみると分かるのですが、

幼少のときに苦労して、年を取ってからでも苦労を

している人が多いような気がします。

生命線は、金星のエリアの縁を回る線なのですが、

そこにくっついているのは、家族との結びつきが強い

ということです。

大人になっても家族の面倒を見たり、両親の喧嘩、

親族のゴタゴタを調整する役目の人が多いです。

基本的に優しげな人が多いような気がします。


★運命線で重要な3つのターニングポイント★


もちろん、長男や長女であっても、生命線上から

運命線が出ていないケースもあります。

このような方は、自分が生まれたご実家の影響を

あまり受けずに、成長された方が多いと思います。

ご両親の面倒を見なくてもいい、そんな運命を

背負った方だと思います。

運命線という線は、ちょっと不思議な線で、

途中で切れるのが普通な線です。

そして、切れるターニングポイントが、

3つぐらいに分かれているんですよね。

1回目が生まれてから、28歳ぐらいまで、

2回目が28歳から、48歳ぐらいまで、

3回目が55歳ぐらいから死ぬまで

この3つのターニングポイントで

どうやって生きるかが、問われている

ような気がします。

それぞれ生き方を変えなくてはいけないようにも

感じることがあります。

手相を見るときには、その3つのターニング

ポイントをきちんと読み解く事が重要です。



どういう風に生きてきたかがわかる線に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment