西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

空気を読める線


★空気を読める手相★


西洋手相占い師、叶多幸です。

相手の心の奥底を読んで、

素晴らしい対応をしてくれる

空気を読める、という人いますよね。

サービス業でそういう人に当たると、

とっても居心地よくすごせたりする

のですが、才能なのかと思うのですが、実は努力すると出てくる手相の線の

ひとつ、だったりします。「空気を読む線」というのは、

手相でどうやって出て来るのでしょうか?


★金星から水星へ流れる線★


洞察力が優れている人や、

場の空気を読める人は、2つの惑星を

活用しているようです。

ひとつは、金星、受容の星であり、

人間関係の根幹を司る星です。

その人の持っている金星の宮(丘)

がどのように成長するかは、

家庭環境による所が大きいといわれています。

ちなみに、私は手の平にあるエリアを

宮と呼んでいます。丘ではなく。

もともとの意味としては、それが近い

みたいですね。

親指のある金星宮から、水星宮の宮に出て来る線。

心の機微をコミュニケーションに活かす線ですね。

これが、洞察力を示す線です。

空気読める線といってもいいかもですね。

この線がある人は、接客業が向いている

のですが、あまり多くの人を相手にすると、

空気を読み過ぎて動けなくなってしまうので、

個人を相手にする仕事などいいと思います。

占い師やカウンセラー向きの手相の線と

言えるかもしれません。


空気を読める線に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment