西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

悩み続けて、疲れている人へ














★何かを悩む前に考えたいこと★


西洋手相占い師、叶多幸です。

占いは悩みを解決するためのひとつのツール

ですが、占いが優れているのは、

自分の悩みを客観的に捉えることができる

ということです。

自分の「悩み」でがんじがらめになっている人は、

この客観的な視点が、必要なのかもしれません。

たとえば、人間関係の悩みの場合でも、

シチュエーションでいろいろ悩みが変わって来ます。

私は悩みを分析するときに、4つの視点で考えています。



まず、第1の視点「重要で緊急性が高い悩み」です。

「すぐ解決すべき悩み」ですね。

たとえば、

自分の言動や行動で相手に誤解されている場合、

そのまま放置しておくと、人間関係が確実に悪化して

しまいます。

次に、第2の視点「重要だけど緊急性がない悩み」

です。「いずれは解決しなければならない悩み」です。

たとえば、

自分と相手の価値観や考え方、生き方が違う場合です。

価値観が合わないとか行動パターンが違うということ

で関係が悪化するというのであれば、自分が変わるか、

相手を変えるか、どこか変える必要があるかも

しれません。

本当に、考えなければならない悩み、つまり、

本当に悩む値がある悩み、というのは、

この2つだと思います。


★悩む必要がない悩み★


ところが、悩みというのは、もう2つあるのです。

それが第3の視点「緊急だけど重要でない悩み」です。

「とりあえず、放置してもいい悩み」です。

たとえば、

ちょっとした意見の相違で喧嘩してしまったとか、

相手に嫌なことを言われたとか、です。

一見すると人間関係を悪化させる原因になりそうな

悩みですが、自分が相手に誤解されているという

ことでない場合、放置しておく、ということも

人間関係を築く上では、重要なことになるのです。

もう一つが第4の視点「緊急でも重要でもない悩み」

です。「放置しておく悩み」です。

たとえば、自分の裁量権では、どうにもならない

悩みですね。目の前に嫌な人がいて、どこかに

行ってくれないかなと悩むとか、実現不可能な

ことについて悩むということです。

そんなことあるのかなと思うかもしれませんが、

実現不可能なこと、自分の裁量権以外のこと

について悩んでいる人は意外と多いものなの

です。

一度、自分の悩みについて考えてみると、

頭がスッキリするかもしれませんね。

悩み続けて、疲れている人へに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment