西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

手相で自分のルーツを知る





















★小樽の歴史に自分のルーツを見つける★

 西洋手相術占い師、叶多幸です。

11月14日(土)のブラタモリ(http://www.nhk.or.jp/buratamori/list/index.html)

で、小樽を特集していました。

私の母は小樽出身で、母のひいおじいさんは、

滋賀県彦根市から北海道開拓で同地に移って来ました。

で、ブラタモリでは、北海道開拓時代の小樽について

いろいろ検証して行くのですが、当時、小樽は

石炭の海運業でバブリーな町だったでそうです(笑)。

貨物船の取り扱い総量が全国で4位。

わずか40年で人口が30倍になったといってました。

40年で人口が30倍だと、現代で言えば、アラブ首長国連邦

と同じぐらいですから、ドバイみたいな盛り上がりを見せていた

んでしょう。

当時の小樽で一番多い職業は「職業不詳」だったそうで、

小樽に行けばなんとかなると考えた

流れ者とか、一攫千金を狙う人たちが多かったようです。


★私の手相を観てみると。。。。★


で、私の右手の手相ですが、、、。

上記です。

頭脳線が生命線とかなり離れています。

これは、母親の家系で、母も同じ手相をしております。

西洋手相術だと、頭脳線が木星(人差し指)の影響を

多大に受けていると見ます。

木星は、成長と拡大の惑星。

なんとかなるだろうと考えて、無計画でことを進める

傾向があるということですね。超楽観的という

感じですね。

自分のルーツがわかって、何やら納得ができたという

気持ちと、変化の激しい時代ですから、

ちょうどよかったかも、という気持ちがあって、

なかなか楽しい回でした。

手相から自分のルーツを知りたい方は、

叶多幸まで!

手相で自分のルーツを知るに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment