西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

サルマ・ハエックさんに学ぶ人生を楽しく、美しく生きる技術























★10年間注目を浴び続ける女性★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
有名人の手相を見ていきたいと思います。

本日、紹介するのは、サルマ・ハエックさん。
メキシコ生まれのハリウッド女優で1995年の
『デスペラード』で一躍主演女優として有名
なった方です。その美しさは未だ衰えず、

ネットでもしばしば話題になっています。
2009年には、フランス人の億万長者、
フランソワ・ピノー氏と結婚。

2015年には、アメリカのテレビ番組の賞、
「デケイド・オブ・ホットネス(10年間ホットで
あり続けている女性)」を受賞されています。

美しさを保ちながら、
人生を楽しく生きるための秘訣は何でしょうか?
西洋手相術で調べてみます。


★既成概念にこだわらない人★

サルマ・ハエックさんの手相の特徴は4つあります。

一つ目は、生命線。(オレンジ色の線)
途中で切れてますが短命ではなく、
特徴は仕事や居住地が変わりやすいということ。
24歳の時にアメリカに英語が喋れない状態で
渡ったそうです。チャレンジングな性格ですね。
生きていく上で仕事や住居はその人に大きな影響を与えますが、
そういうことに捉われない人のようです。


2つ目は、運命線(黒の線)
真ん中で大きく切れています。
ちょうど30歳ぐらいなのですが、
同じラテン系のロバート・ロドリゲス監督との
運命的な出会いで、主演女優を獲得。
一大転機です。
もともと、自分の能力を過信しがちなタイプですが、
監督の下で、すごく成長したことがわかります。
人と人のつながりを大事にしたことがポイントです。

3つ目は、頭脳線(水色の線)
手のひら側に向かって大きく、下がっています。月のマークが
ありますが、このエリアが大きくなっています。
月のパワー(優しさとか、創造性、ピュアな心)がある人です。
子供っぽくて純粋なところがある、
物事に柔軟に対応出来る人なのでしょう。

4つ目は、水星線(紫の線)

小指(コミュニケーションや好奇心を司る水星指)に向かって
二本線が出ているのが見えます。
これは、コミュニケーション能力が高く、
社交性がすぐれている人にある線です。

常にいろんな立場の人との会話を欠かさず、
新しい情報を得ることが好きなのでしょう。

まとめると、

何かに捉われず、毎日を楽しむこと。
そして、友人を大切にすること。
会話を欠かさず、好奇心を持つこと。
「ごきげんな」状態を保つこと。
そういうことが美しく、人生を楽しく生きる秘訣のようですね。

サルマ・ハエックさんに学ぶ人生を楽しく、美しく生きる技術に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment