西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

親指を刺激すると脳が若返る!





★親指を刺激すると……★

 西洋手相術占い師、叶多幸です。
お正月、楽しんでいらっしゃる方も多いと思いますが、
寝正月になっている人も多いのではないでしょうか?

今年は、休日が少ないので、徐々にお仕事モードに
していかなくてはいけない
ですよね。
そんな時に、こんな本はいかがでしょうか?

『親指を刺激すると脳がたちまち若返りだす!』(サンマーク出版)

親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!/サンマーク出版

¥1,404
Amazon.co.jp

この本は、認知症専門医の長谷川嘉哉さんが書いた本です。
長谷川さんは、指と脳との密接な関係を長年研究し、
独自に開発した「親指刺激法」が有名とのことです。

このブログでも何回か書いておりますが、
手と脳とはとても密接な関係があります。
そして、指先に向かえば向かうほど、脳の最も
高度な部分に影響を与えている
のではないかと
私は考えております。

親指を刺激する、というのが本書の特徴なのですが、
なぜ親指なのか?

実は親指は、他の指とは異なる特徴があるのです。
例えば、猿の親指はどうなっているのかというと、、、、。

親指が短く、手の低い位置にあるため、
他の指先とくっつきづらいという特徴があります。
人間は、親指が他の4つの指とくっつく。
そこで、靴紐を結んだり、書いたり、持ったりする
ことができる、これがヒトとサルを分けたポイント
だといいます。

数百万年前、人類の祖先が誕生した時には、今の
脳の3分の1しかなかった人類ですが親指と
手を使って、道具を駆使することで、脳の大きさが
増えていった
と考えられます。つまり、親指と
いうのは、とっても重要なのです。

★親指タッピング刺激法をやってみる★

 著者は、親指は「意欲」の象徴と表現しているの
ですが、西洋手相術的にも同じような意味です。
というのは、親指は、西洋手相術では、金星を表現
しているのです。金星は、好奇心そのものを表す、
です。金星の指を積極的に活用することによって、
脳を刺激しよう! というのがこの本の目的です。

さて、具体的な刺激法は、本を読んでほしいのですが、
中でも気になったのが、「親ゆびタッピング法」
親指先を、人差し指、中指、薬指、小指の
順番にくっつける。運動です。

両手同時に行って、5往復を1セットとする運動です。
データでは、タッピングを行う前と後では、
脳の運動野、感覚野が刺激され、脳全体の血流が良く
改善する
ことがわかっているようです!

ぜひ、お正月のお休みの間にチャレンジしてみてください!


親指を刺激すると脳が若返る!に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment