西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

不登校と西洋手相術

★不登校の子どもが
     増えている!?★



西洋手相術占い師、叶多幸です。

最近、不登校の子どもが増えているそうです。
朝日新聞などの調査によると、
1993年は約3万3000人だったのが、
2014年では、約6万5000人!

ほぼ倍になっていますね。

学年別に見ると、年齢が上がるほど、
多く最も多いのが中学生だとか。
人間関係が複雑になる、というのが理由だそうです。

でも、自分自身の昔のことを思い出してみると、
小学校の方が不登校になりそうだったような気がします。
いじめも多くて、5年生の時には学級崩壊が起きてました。

逆に中学校は、学校自体の成績が市内でビリから2番目
という学校でしたから、自由奔放な感じでのんびりして
いたので、いじめはなかったですね。不良に校舎の裏に
呼ばれる、というのはありましたが(笑)。

★個性を認めた教育を意識しよう!★



あくまでも自分自身の経験から言うのですが、
小学校の頃は、かなり厳しく団体行動を意識させられた
というのがあるんですね。こうじゃなきゃいけないという
物差しみたいなものが決まっていて、それ以外の人は
脱落していくという。絶対的な価値観があると、
ヒエラルキー(階層化)ってできやすいと思います。

強者のしわ寄せを一番弱いいじめ対象になる子どもが食らう感じですよね。

しかし、
逆に価値観が相対化すると、いじめ自体が起こりにくく
なるのではないでしょうか。


中学校の時は、喧嘩が強い不良も尊敬されていたし、
運動ができる人も尊敬されていたし、逆に頭がいい人も
尊敬されていて、個々が独立していたような気がします。
学校制度ももっと個性を認める教育が必要になるのかも
しれませんね。

さて、手相とどのような関わり合いがあるのかというと、
最近の傾向として、個性的な手相が結構増えてきたな
という実感があります。
特に若い人の手相を見ている
とです。これからは、手相を見て、自分の個性を発見し、
それを磨いていく時代だと思っています!

自分の個性的な手相を知りたい方は、叶多幸まで!

不登校と西洋手相術に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment