西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

指を見て鑑定する

★指で性格を分析する★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
クライアントを鑑定する時もそうですが、
知らない人や初めて会う人は特に、指を
重視してみています。


なぜならば、指はその人の人格を表して
いることが多いからです。
手相はなかなか見れませんが、
指は誰でも簡単に見ることができます。

指の何を見るのかというと、
形と長さです。

まず、
形は第一関節を重要視しています。
第一関節は、活動的な部分を表しています。
西洋手相術では、星座が当てはめられていて、
第一関節は、「活動宮」を意味します。

ちょっと長ければ、意志が強い人なんだなとか、
自分の主張をしっかり持っている人だなと
イメージします。ところが、そうしたイメージ
と違って、おっとりしている人ならば、
どういうところで、それが反映されているのか
を考えていきます。仕事のスタイルなのか、
それともプライベートに現れているのか・・・?
などと考えていきます。

縦に長いだけではなくて、
横幅も関係があります。人よりも横幅が
大きい人は、好奇心が旺盛で、遊園地
などではジェットコースターとかが好きな
人が多かったりします。

次に指そのもの長さです。
よく見るのが、人差し指(木星指)と
薬指(太陽指)の長さです。
これは科学的にも証明されているようですが、
薬指が人差し指より長い人が、男性ホルモンが多い傾向にある人。
薬指が人差し指よりも長い人が女性ホルモンが多い傾向にある人のようです。


人差し指が長い人は、寛容な所があって
のんびりしている人も多かったりします。
一方、薬指が長い人は、女性でも決断力
があったり、実行力があったりします。

指は、口ほどに物を語る、ということを
実感している毎日です。

指を見て鑑定するに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment