西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

外国に住む日本人の手相の共通点


★海外で活躍する日本人の手相の共通点★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
私は以前、ハワイで手相占いをやったことがあります。
ハワイの人は、占い好き、占いそのものというよりは、

スピリチャルが好きという人が多いです。

ヒーリングやスピリチャル系のお店が
結構あって、私もとてもよく当たるという
現地の霊能者の方に霊視をしていただきました。
英語ができないので、通訳付きで(笑)。

手相も好きな人が多くて、鑑定しました。
(鑑定したのは、ハワイ在住の日本人です)
鑑定した人には、
ある共通した特徴がありました。
それは、、、、。



生命線が途中で切れている、ということです。

実は、生命線が切れているわけではなくて、
切れている箇所を運命線が補っているわけですが、
このような手相をお持ちの方は、運命的に
移動が多かったり、職が変わりやすかったり、一緒に仕事をする人間が変わりやすかったり

します。

ハワイの人たちの話を聞いてみると、
子供の頃から親の転勤で引っ越しが多かったり。
若い時にバックパッカーで世界一周旅行をしたり。
しょっちゅう仕事が変わったり。
変化の多い運命を背負っているということが
わかっています。

生命線は行動を司る火星と、好奇心を司る
金星を結ぶ線。
それが途中で終わっている
ということが、奔放な運命を表すのでしょうか?

とても不思議な気がしました。
手を見るだけでも、色んなことが見えてくる
西洋手相は本当に面白いと思います。

西洋手相を学びたい、鑑定してもらいたい人は、
こちらまで



外国に住む日本人の手相の共通点に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment