西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

地図の読める人、読めない人は頭脳線に関連がある!?













火星に頭脳線がある人













月に頭脳線がある人

★空間把握能力に関連する頭脳線!?★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
複業はライターで
私は以前、デザイン事務所に所属していた
ことがあります。
そこでも手相占いをしていたのですが、
ある法則性を発見しました。

それは、
頭脳線の方向によって、
空間把握の仕方が違うということです。


そのデザイン事務所では、
紙面デザインを行っていました。
紙面デザインとは、簡単に言えば、
真っ白な紙の中に写真や文章の区画を
設けていく仕事です。


空間把握能力がキモになるのですが、
それが、頭脳線次第でアプローチの
方法が変わってくる
のです。

●火星に頭脳線がある人



小さなブロック単位で、空間を把握しているようです。
このスペースは、ブロック何個分みたいな感じなので、
表を作るのは、とても上手でしたが、絵的な表現は
難しいようでした。

●月に頭脳線がある人



空間を四次元的に、把握しているようです。全く
制約がない状態で、絵を描くように紙面構成を
行っていました。しかし、表を作るのは難しい
ようでした。

これらの差は訓練によってある程度縮めることが
できます。


★火星は制限、月は解放★

このことから、頭脳線は、その人の空間把握に
何らかの影響を及ぼしているのではないかと、思うようになりました。


火星に頭脳線がある人は、空間に制限を設けて
把握しているようです。
制限を設けて把握すると
細かいところに目が行きます。一つのことの
作業効率を上げるためには、火星に頭脳線が
ある方がいいのかもしれません。
プログラムを組むというのが得意な人が
多いので、IT関係お仕事の人は、火星の頭脳線
が多い
です。

一方、月に頭脳線がある人は、空間に制限を
設けないで把握する能力が高い
ようです。
俯瞰能力が高いので、全体を把握することが
できるのですが、物事を理解するときに、
認識が拡散する可能性があるかもしれません。

ちなみに、車を運転していて、ナビなしで
運転できる人(地図が読める人)は月に
頭脳線のある人が多いです。

空間把握能力にすぐれている、ということ
なのでしょう。

この分野の研究はまだまだなので、
引き続きリサーチしていきたいと思います。

地図の読める人、読めない人は頭脳線に関連がある!?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment