西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

世界初の大女優はどうして成功したのか?

★キロの手相鑑定★


西洋手相術占い師、叶多幸です。
本日、5月18日(水)は
15時~21時は、灯台屋さん
鑑定しています!


世界初の国際スターとして、大成功を収め、
アルフォンス・ミュシャやルネ・ラリックといった芸術家を発掘、プロデュースする



能力に恵まれていた大女優サラ・ベルナール

その手相を現在のように「本」の
上で鑑定したのが、
西洋手相術の世界で有名なキロでした。

有名人を誌上鑑定するというのは、
当時としては画期的な方法で、
キロの本はベストセラーになりました。



キロは、ベルナールの手相を次のように
鑑定しています。
以下、青字部分がキロの鑑定です。
(叶多幸 訳)



「サラの手相の中で最も注目すべきは、
運命線(手首から中指に向かう線)と
太陽線(手首から薬指に向かう線)が
年齢の早い段階から、平行して刻まれて
いることである。
偉大なサラは、16歳からそのドラマ
チックなキャリアをスタートさせている。
彼女には、特筆すべき才能があるにも
関わらず、多くの困難を受けること
になった」


生まれた環境があまり恵まれていない
サラ・ベルナールでしたが、パトロン
的な人が現れて彼女を助けてくれます。
16歳の頃、サラ・ベルナールは
国立音楽演劇学校で頭角を現し始めて
いたそうです。

「26歳までは2つの運命線が見られる。
そこから彼女は世界的な名声を得ることに
なったのだ」


手の真ん中で運命線と太陽線が繋がっている
時期
が、それに相当するのでしょう。
ちょうどその頃に、彼女の評価が徐々に
上がって行った頃です。

「頭脳線は、とてもはっきりしていて、
生命線と離れて示されている。この場合、
彼女はとても衝動的でドラマチックな
能力を持っていることがわかる」


人差し指の真下のエリア(木星)から
手の真ん中(火星)に向かって、まる
で定規を引いたような線です。
アイディアを思いついたら、即実行に
移すタイプ
だったようですね。


「生命線上にある小さな線が、上の方
に向かって立ち上がっていることに
気がつくだろう。それらは、生命エネ
ルギーがほとばしる時期を表している」


手のひらの真ん中を見ると生命線上
から運命線と太陽線を貫く小さな線が
あります。流年法によると46歳ぐらい
です。この時に劇団をやめて、自らの
会社を起こし、海外公演で大成功を
収めるのです。


人生後半をよりよく生きる上で、
やっぱり40代って重要ですね。
大女優ですら、自分の能力を見
極めて、やっと自分の足で立った
のが40代後半です
からね。

「健康に関する良くない兆候として
水星丘から伸びている健康線が、
生命線にぶつかるというものがある。
マダム・ベルナールのケースでは、
健康線は刻まれているものの、早い
段階でその健康線が薄くなっている。
よく言われているように、偉大な女優
は、健康的な身体を持っており、
それが彼女の晩年まで維持されたの
だろう。マダム・ベルナールは、
1845年10月22日に生まれ、1923年
の3月26日に亡くなった。78歳だ
った」


女優さんだから体力はあったという
ことなのでしょう。ちなみに数秘術
だと彼女の人生数は「5」。自由に
飛び回ることを使命として生きた人
という感じがしますね。

★叶多幸の鑑定は?★

ベルナールの手相を見て、私が気に
なったところは、

小指(水星指)が薬指と離れている
人なので、組織向きではなく、個人
で仕事をした方が成功しやすい


月のエリア(手のひらの端)が
とても大きく、表現力に優れている。
また、線が細く入っているので、
移動が多いことを示している。

人生の転機が3回あって、
14歳、22歳、33歳ぐらいです。
いずれも月のエリアから運命線に
線が入っているので、この時期人のご縁に
よって、大きく人生が変わっている

ことがわかっています。

感情線(指に近いところにある線)
は、人差し指(木星)の真下に入って
います。多分、かなりチャーミングな人
だったんじゃないかなと思います。

太陽線がここまで長い人を鑑定したこと
があります。やはりベルナールと同じ
かなり有名な芸能関係の方でした。
自分自身も他人の援助で成長したという
ことがあるので、すごく後進の育成に
力を入れていました。


ミュシャやラリックを見出して、
成長させた理由も、その辺りにあるので
はないかなと思っています。

ベルナールの手相を見たときに、
J・K・ローリングの手相に似ているなと
思いました。
世界を股にかけて成功する女性の手相
の典型的なパターンなのかも
しれません。

世界初の大女優はどうして成功したのか?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment