西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

西洋手相術をなぜ選んだか?

★なぜ西洋手相術を選んだのか?★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
昨日は、広告のために自分の占術
について、お話しする機会がありました。

そこでなぜ、西洋手相術を選んだのか?

という質問があったのですが、

私の答えは、
「当たるから」です。

見ず知らずの人に信頼してもらうのは、
やはり当たるからですし。
占いを楽しんでもらいたいと思っているので、
当たる要素は外せないと思いました。

手相には西洋手相術と東洋手相術が
あるのですが、日本にある手相術は、
西洋手相術をベースに、それぞれの
占い師がアレンジして鑑定
をしています。

★線以外の見方が西洋手相にはあります★

西洋手相術が入ってきたのが、
大正時代なのですが、
ブームになったのは、高度成長期です。

今も古本屋さんに行くとその頃の
手相の本がたくさん売られていますが、
西洋手相とそれぞれの占い師の経験則
のミックスになっている気がします。

合コンで、専属の手相占い師として、
デビューする前に、ありとあらゆる
日本の手相の本を買いまくり、
そこに載っているもので、鑑定を
していきました。


ところが、ほとんど当たらず、
手相は鑑定に不向きなのかなと
半ば諦めていました。

そんな時に、西洋手相術に出会いました。
本場は線は二の次で、手の形とか、
指とか、ふくらみとか、そういうものを
鑑定のポイント
にしているのが新鮮でした。

また、人間の性格はいくつもの
要素が重なって構築されるものですが、
そうした複雑なものを鑑定するのにも
西洋手相術は、役立ちました。

一言で単純化する日本の手相も
独特なのですが、よりカウンセリング的に
手相を活用したいと思っていた私には、
西洋の方がしっくりきました。


指一本、爪一つを取っても、その人らしさ
をそこから手繰っていけるというのは、
その人自身を尊重すること
にもつながります。

鑑定の姿勢としても西洋手相
というのは、いいなと思っています。

西洋手相術をなぜ選んだか?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment