西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

イライラしたら魂振りを!

★集中力を高めるためには、魂振りを★

「なんだかイライラするな~」とか
「目の前のことに集中できない」
とか
なんてこと、誰でもあると思います。

そんな時には、この間、滝行で習った
「魂振り」がオススメです。
滝行から帰ってきて、ことあるごとに
やっているのですが、
なかなかいい感じです。

同じように滝行に行った人も魂振り
をやっているのですが、気分がとても
落ち着いて仕事に集中できるといいます。
その方は、トイレでやっていて、
罪(ツミ)穢(ケガレ)を一緒に水に
流すそうですが(笑)。

よく祓が行き届いている(お祭りされ
清掃されている)神社とかでやると、
さらに効果的
です。

★魂振りのやり方★

やり方は、簡単です。

1、
へその下から指三本下のところにある
丹田の所で、左手を下に、右手を上に
して、丸い玉を包むようなイメージで
手を合わせます。


2、
手首のスナップを効かせて、
手で包み込んでいる自分の魂を
振ります。

ボールを転がしているイメージです。

3、
魂を振っている間は、「祓戸大神」
(はらえどのおおかみ)
の名前を
唱えましょう。

祓戸大神は、次の四柱の神様です。
(神社検定の試験でも出ます)

1、瀬織津比売(せおりつひめ)
山の急な川(滝)にいる神様で
川から海へ罪穢を流す
神様です。

2、速開都比売(はやあきつひめ)
潮流が重なる潮の渦の中心にいる
神様で禍事・罪・穢れを飲み
こんでくれる神様です。

3、気吹戸主(いぶきどぬし)
罪穢を根の国、底の国へ、
吹きはらってくれる神様です。

4、速佐須良比売(はやさすらひめ)
根の国、底の国にいる神様で、
罪穢れを持ち去って、罪穢れを
流れ離して、なくしてくれる
神様です。

四柱の神は、天照大御神の
魂の化身
とも言われています。
天照さま自身、父親である
伊邪那岐さまが禊をしている
過程で生まれたことからきている
ようです。

★たましいは、魂が痺れている状態★

たましいのしい(しひ)」というのは、
『万葉集』では痺れる
という意味。
昔の日本人は、何かにとらわれると魂が痺れて、
身体から遊離する
と考えていたようです。
遊離しているとどこか心あらずの状態になって、
病に臥せったり、調子が悪くなったりします。
恋わずらいもそうなのですが。
集中できないとか、イライラするという
状態は、どこか魂(たま)が痺れて遊離して
いる状態なのかもしれません。
そんな時こそ、魂振りですね!

イライラしたら魂振りを!に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment