西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

交通心理学と西洋手相術














★運転にはその人の生活(性格)が表れる★

車に乗ると、人が変わる人っていますよね。
車の運転って社会的な行動だなと昔から
思っていて、先日、交通心理学の本を買いました。
いろいろ面白いのですが、

なかでも、

「運転にはその人の生活が表れる」という
言葉を残したカナダの精神学者ティルマンと
ホブスの研究が興味深かったです。

私も、昔、夜中に首都高を運転することが
よくあったのですが、普通に走っていると、
すごく煽ってくる車がありました。
面倒なので、追い抜かせると、ある会社の
営業車なんですよね。ストレス溜まってんだなー
と思いましたが、それを裏付けるような
名言です(笑)。

さて、その精神医学者たちは、
1949年に事故を何度も起こしてしまう
96名のタクシードライバーと
無事故のタクシードライバーを100名を
比較しました。

なぜ同じ数を比較していないのかは、
よくわかりません。

すると、無事故ドライバーは、次のような特徴が
あったと言います。

・家庭的に安定している
・両親の離婚率が低い
・争いを好まない
・全体的に内気で静かであり、
遠慮がち
・学校では無断欠席をしたことがない
・職務は長期間にわたって安定し、
職場で穏やか、振る舞いは控えめ
・飲酒はほどほどで規律を守る
・他人の福祉に興味を持っている
・他の運転手や通行人に対して礼儀正しい
・いつも車の形はきれいで、車の
形は控えめである
・時には融和した人間関係を作りにくく、
運転中には会話をしない時もある


要するに、人格的にバランスが取れている
人ということですね。
一方、事故を何度も繰り返す人は、
真逆の性格だとか。

5万2000人以上を対象とした
2005年の研究でも同じ結果
が出たそうです。

これを見て、私は無理だと思いました(笑)。

運転にも性格が表れますよね。

手相で安定している気質の人といえば、
一番上に、示した画像のような手相を
持つ人でしょうか。


感情線(赤)は、人差し指下(木星丘)
に向かっている。慈悲深く、寛容な人が
多いです。


頭脳線(青)は、手のひらの端(月丘)
に向かっている。優しく穏やかな人が
多いです。


生命線は(オレンジ)は、親指の付け根
(金星丘)を回るように描いている。
所属意識が強く、家庭を愛しています。


優良ドライバーの特徴で、
最後の寡黙なところもある、という
ところですが、ちょっと会話がないぐらい
の運転手の方が、優良だということなのかも
しれません。

交通心理学と西洋手相術に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment