西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

運命の赤い糸と運命線

























★運命線とは?★

西洋手相で運命線のことを
Fate Lineと言いますが、運命線は、
その人の人生を端的に物語ってくれる線

とても興味深い線だと思っています。

運命線は、金星丘(親指の付け根)と
月丘(手の縁)の間から出て、
土星丘(中指の付け根)に向かうのが一般的です。
たまに太陽丘(薬指の付け根)や
木星丘(人差し指の付け根)に向かう
ものもあります。

なお、線が出る時は1日で出る場合もあります。

以前、運命線が全くない人がいましたが、
子どもができてから、1日で線が出てきた
と言っていました。
運命線は責任感と結びついているところが
あって、出る時は1日で出る
んです。

あとは、異性とのお付き合いですね。
面白いなと思ったのは、ずっと付き合っていて、
一度、別れて、もう一度付き合って、
結婚した場合、上の画像のように、
運命線が繋がる
んです。

運命の赤い糸は、手相で表現されている
のかもしれませんね。

運命の赤い糸と運命線に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment