西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

最高のチームの作り方(googleの研究から)

●googleが分析した最高のチームの特徴
 








 
検索エンジンの最大手googleには、
「人材分析部門」という部署があるそうです。
組織のパフォーマンスを分析して、
最適な組織づくりを科学的に目指す部門
らしいですが、面白いですね。
 
手相も分析手法として
ぜひ入れて欲しいですし、
そういうところで働きたいですね(笑)。
 
日本には、経営にこういう感覚を生かす発想は、
ホントないですね。残念なことです。
 
その部署で2012年から行われている
社内プロジェクトがあります。
それが、「プロジェクト・アリストテレス」です。
優れたチームの原因を探るというプロジェクト
です。
 
その結果が2016年に出たのですが、
特徴的な結果が大きく3つあります。
 
第1に、優れた人を集めることは成功に
結びつくわけではないということです。
 
チームの成功を目指すには、優秀な人材が必要だと
いう考え方は昔からあるのですが、
誰か優秀な人がいて、その優秀な人が
チームを引っ張っているわけで
はないそうです。
 
第2に、優秀なチームは、
正しい「行動規範」があるということです。
 
行動規範とは、チームの行動パターンです。
正しい行動規範とは、チームのメンバー
全員に話す機会や発言する機会が
与えられている、ということです。
要するに民主的であるということです。
優秀な人が発言して
なんでも決めてしまうチームは
ダメになりやすいそうです。
誰でも発言する機会があるというのは、
心理的な安心感を醸成し、チームの強みが発揮
されやすいのです。
 
第3に、お互いに察する能力が
あるということです。
 
身振りや手ぶり、普段の行動、表情、言動
などから相手の本心を読み取る力がある人
がメンバーにいるということになります。
つまり、KYが一杯いるチームは、チームの
能力があまり発揮されることはないと
いうことになります。
相手に関心を持って、お互いの信頼関係が
作り上げることが非常に重要だということ
ですね。。。。
 
●西洋手相術的に実験結果を考えてみると?
 
googleの研究報告資料で、手相的に面白い話が一つありました。
色々なチームを分析した時のこと。優秀なチームの一つに
内向的な人だけを集めたチームがあったそうです。
普段は静かで温厚なのに、ミーティングが始まるや否や、
活発な議論が交わされたそうです。
 
内向的という性格は緊張を強いられる
場所でこそ表面化する性格ですが、
中身は違うということですね。
 
本当の素の自分が出せる、ということが重要です。
 
実は、最も優秀なチームは社内よりも社外の友達で
構成されていたそうです。リラックスができる
似たような感覚を持った人で構成されて
いるチームが最高のパフォーマンスを
生み出すということです。
 
人の組織というのは、似たような気質の人が集まり、
その集まりが、リラックスできるような環境であれば、
ベストということですね。それは、会社だけではなく、
夫婦やカップルにも言えそうな法則だと、
私は考えています。

最高のチームの作り方(googleの研究から)に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment