西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

ゴミ拾いが、心の疲れに効く理由

※自己認識が低いと疲れが感じにくくなり、エゴが高いと
助けはいらないという心理状態になる。この2つの要素を
基準値に戻すことが大切


●中指には要注意!!
 
西洋手相で土星指といえば中指ですが、
この指にまつわる問題が意外と多いものです。
 

特に土星指が強い人(中指がとても長い、
中指が薬指に寄っている、
第二関節が長い)に多いのですが、
自己認識が低いので、
自分が精神的に疲れている
ということを無視してしまいます。
もっと頑張ろう、もっとやらなきゃ、
もっと上を目指さなくては、という感じです。
 

一方で、そういう人に限って助けを求めません。
感情線が中指に向かっている人、
中指に指輪をしている人
は自分(エゴ)が強いので、
助けを拒む傾向があります。
 
土星が強い人は、真面目な人が多いんです。
日本人に多いみたいですね。
 
これが精神的な疲労のメカニズムです。
睡眠では、完全にこうした精神的な疲労は解決できない
とされています。では、どうすればいいのでしょうか?
 
●心に奉仕が効く理由
 
 特に土星が強い人は、自分に意識が
向かっている状態なのです。ですので、
奉仕活動をすると、強制的に
外に意識が向くので
精神的な疲労から回復するのです。
 
奉仕活動といっても何でもいいのです。
ゴミ拾いでもいいですし、神社をキレイにする
とかでもいいです。意識を外に向けられるんだったら、
何でもいいのです。
 
私は占いをやってあげるとか
オススメですけどね(笑)。
 
ポイントは、自分の生活となるべく関係ない
活動を選ぶことです。
自分と関わりのあることは、日常と
変わらないので、効果は薄いです。
 
フロレンス・ナイチンゲールというクリミア戦争で活躍し、
近代看護教育の母といわれている英国の看護師がいます。
 
有名な人ですね。
 
ナイチンゲールが書いた『看護覚え書』という著書
には、入院患者に対して余計な忠告を
したり、患者に対して病状を聞くの
は患者の気分を重くするだけなので、
止めた方がいいと書かれています。
 
まさに、その通りだと私も思います。患者は
その言葉によって、病気や怪我に
意識が集中して
しまうのです。
 
そこで、意識を外に向けることを提案しています。
たとえば、入院している重病人の心が癒
されるものとして、生命力のある
赤ちゃんを見ることが、
患者にとって一番癒されると書いてあります。
 
これも一つの意識を外側に向かせる方法なのでしょう。
 
意固地になったり、何だか疲れているなと
思ったら、自分の生活に全く関係のないことの
奉仕活動をしてみる、すごく心が変わると思いますよ!

ゴミ拾いが、心の疲れに効く理由に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment