西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

16世紀の手相本とは?

●昔の西洋手相がわかる
 
 いろんなものの起源を調べるのが好きで、昔の西洋手相はどんなことに注目して、
鑑定していたのか、ということを自然と調べてます。
 そこで、興味深い本を発見しました。
 

 
グリヨ・ド・ジヴリという19世紀の敬虔な修道士さんが
書いた本です。この方は同時にオカルティストで、
オカルト研究家でもありました。語学も堪能な人なので
オカルト書籍の訳書がいっぱいある人です。
 
この本は、占い、占術の方法も含めたオカルトの世界が
どうなっているのか?
ということを書いた本なのですが、この本が出版された
1929年に、著者が突然死するという曰く付きの
本だったりします。
 
さて、手相占い師は、著者によれば秘術師というカテゴリー
に分けられています。秘術師という人たちは、オカルト
技術を悪のために使うのではなく、世の中のため
に活用する人たちなのですが、社会の枠から外れている人たち
だとされています。そこで、秘術師が活躍した業績を紹介するために、
この本には昔の手相の鑑定の方法が色々と書かれています。
 
●敬虔な修道士が手相の本を書く
 
その中で、
ヨハネ・インダギネという有名なベネティクト派修道院長が
1549年に出版した『手相術』を取り上げています。
この本は、アウトローの世界では、こういう文化も
ありますよ、という図鑑的な意図で書かれた本です。
占い師が占い師のために書いた本ではないので意味が曖昧です。
 
 A 手のひらの線または幸運線(感情線か?)

B 血管、心臓線(生命線か?)
C 女性の影響線 (左手は女性的「陰」)
D パーカッション(手のヘリ)
E 生まれつきある真ん中の線(頭脳線か?)
F 肝臓線または、胃の線(健康線か?)
 

 







A 幸運の線 (感情線か?)
B パーカッション(手のヘリ)
C 男性の影響線(右手は男性的になる「陽」)
D 肝臓線、胃の線(健康線か?)
E 四角形の印
G 親指のエリア 
H 心臓線、血管線(生命線か?)
I 三角形の印
K 生まれつきにある真ん中の線(頭脳線か?)
 
右手の手相を見ると、手のひらと惑星の関わりが記されています。
 
面白いのは、修道士が手相を後世に伝える担い手に
なっている、ということです。

占い師に聞いた話や伝聞など世に散らばっている情報を集約して、
わからないなりに、体系化することで、手相占いの文化が少しずつ
蓄積されていったんだなということがわかります。
 
実は、人相もヨハン・カスパー・ラヴァターという
ドイツの改革派の牧師さんが観相学という顔や体型から、
性格を判断する本を出版しています。
ラヴァターの観相学を当時の知識人であった小説家で詩人の
ゲーテなどが支持して、流行らせたということもあります。
 
占いを否定するキリスト教の関係者から占いの研究
が進むというのも面白いなと思いました。

16世紀の手相本とは?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment