西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

手の中に2人の女神がいることをご存じですか?

●手の中にある2人の女神とは?
 
西洋手相術は、手の中に7つの惑星が配置されています。
7つの惑星は、それぞれ神様がその惑星を守護していますが、
その中で女神が守護している惑星が2つあります。
 
それが月と金星です。
手相でいうと、手の縁(へり)の方が月のエリアで、
親指の下は金星のエリアです。

 
西洋手相術では、手首に近い方がその人の潜在意識的なもの、根源的なもの、ルーツを表現しています。

 それを月と金星という女神で表しているのです。
 












●純粋さを表現する神「月」アルテミス
 
月はアルテミスという女神。太陽神アポロンの双子
の姉で、父親はゼウス。母親はレトという神様です。
アポロンとアルテミスの二神は、西洋の占いでいうところの
陰陽(女性性と男性性)の象徴でもあります。
 
アルテミスは、神々の長であるゼウスに永遠の処女性を与えられた
だけでなく、ギリシャ全土の山を支配する山の女神でもあります。
アルテミスは、幼児や少女、少年といった社会の一員でない
人たちの守護神とも言われ、アルテミスを祀る神殿は、ギリシャの街と自然の境界に置かれているそうです。
月には誰にも侵されない孤高の純粋さというのがあり、
西洋手相術でも、純粋さや子供っぽい考え方、転じて物事
を表現する創造力を表す意味があります。
 
日本神話でも、月は月読命、ツキヨミさんですが、
お祀りされている月読宮は、天照大御神がお祀りされている場所から
ちょっと離れていて、森の中にポツンとある感じです。
個人的な意見ですが、ツキヨミさんは、生命力を感じないのですが
それゆえの神聖さというのがあるような気がします。
 
●和合の女神「金星」アフロディテ
 
金星はアフロディテという女神。ヴィーナスの名で知られる女神で、
調和とか和合を表す神様です。万物を結びつけ、さまざまなものを結合させるという役割を持っています。マークはお馴染みの女性の
象徴ですよね。
 
 当然のことですが、手相の月のエリアには指がついて
いないのですが、金星のエリアには親指がついています。
ヒトは親指の下の筋肉が発達しており、他の四つの指とくっつくことが
できるのですが、類人猿は親指を他の四つの指とつけることはできません。
これがヒトを人間にしている理由とも言われているのですが、
指と指をくっつけるという意味も、アフロディテという女神から
来ている気がします。

つまり、手の中で金星のエリアを見れば、その人が
どうやって社会と結びつこうとしているのかが
わかるのです。
 
ちなみに、
 
 
生命線が、月に向かっている手相を持っている人がいます。
この人は、月という純粋さを持って、和合や結びつきを発揮
するため、自由人的な人が多いです。
 























こんな感じで、
西洋手相術を勉強する時は、ギリシャ神話を一緒に勉強すると
とても理解が深まります。
 
西洋手相術を勉強したいのであれば、こちらまで!

手の中に2人の女神がいることをご存じですか?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment