西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

やってみよう体験記

アドラー心理学講座を受けてきました!


★アドラー心理学
講座受けてきました!★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
本日は、アドラー心理学講座に参加してきました。心理学者のアルフレッド・アドラーさんの名前は、
執筆業の仕事を複業でしている関係で、話は聞いておりましたが、関連著作をいくつか読みましたが、いまいち、腑に落ちないというのが正直なところでした。

しかし、国際コミュニティセラピスト協会の中島輝先生
講義は、体型的に、そして具体的にアドラー心理学を学ぶに
は最適ではないかと思いました。

というのも、中島先生自身、ご両親の家庭の事情で、
小学生の時から分裂症、躁うつ症パニック障害、統合失調症、
認知症、過呼吸、円形脱毛症などありとあらゆる心の病に
かかりながらも、それらをすべて克服し、
現在は、予約の取れない超人気カウンセラー
として
活躍されている方です。

ある意味、アドラー心理学の理論を体現している方なので、
発言の重みが違いますし、「なるほど!」と納得できること
ばかりでした。

私は知らなかったのですが、アドラー自身も様々なコンプレックス
の塊であったと言います。

印象的だった言葉は、
「人間の行動には、原因(トラウマ)ではなく、未来の目的がある」
ということです。持って生まれたものや環境は、自分でどうする
こともできません。しかし、未来は変えられる。
その観点から、自分がどう変わっていくのか、その理論を
学びました。

私の占いもそうありたい、
と常に考えています。
持って生まれたものは変えることはできません。しかし、
自分が持っているものを活用して、自分の未来を変えることができる。

過去に囚われている人を勇気づけして、
未来に目を向けられるようにする、そんな占い師として、日々精進しています!

魚をさばきに行ってきました!


★魚をさばきに行ってきました!★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
先日、友達のながさき一生さん
が主宰している「さかなの会」の
「魚をさばきまくる会」に
参加してきました!

その名の通り、ひたすら
魚をさばきまくる会
です。

ながさきさんは、漁師の息子で海洋大学
卒業の魚のプロ。魚をテーマにゆるい
集まりの会を主宰している方です。
お料理教室ではなかなかうまくならない
魚のさばき方。さばくのが得意になるのは、
数をこなすべきだ、ということで、
市場から大量に魚を仕入れ、
さばきまくって上達するという、
少し体育会系のノリで学ぶ会です。

私もイワシとアジ10匹ぐらいは、
さばいたでしょうか。だいぶ上達しました。
さばいたお魚は、南蛮漬けやお寿司に大変身。
美味しく食べさせていただきました!



▲どんどん3枚にさばいていきます!



▲銚子産の新鮮なお魚をさばきまくりました!