西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

依存症

警察沙汰になる

●依存症はその人だけの問題ではない
 
 ここ最近、いろいろなことが起こってちょっと精神的に疲れます。
先日も警察から連絡が入って、母親を匿っているとのことでした。
警察から連絡、というのは父親関連で子どもの頃にいくつかあった
のですが頭の中が厳戒態勢モードになるので、とても嫌です。
 
私の父親はアルコール依存症で、母親はイネーブラー(enabler)の
関係にあります。enablerとはenable(=有効にする、
可能にする)つまり目的達成を可能にする人という意味で、
依存症を助長させてしまう人のことを言います。依存症がなかなか
治らない、たびたび再発してしまうというのは、enablerの存在も
あるのです。また、enabler自身も依存症だったりして非常に複雑です。
 
●依存症とは3つの形式がある
 
そして、依存症は嗜癖症のことです。要するにあるものにハマる病です。
なぜハマるのかは、いろいろな原因がありますが、
最も大きな原因は機能不全家庭で発生する愛情不足です。
 
依存症は大きく3つに分けられていて、
覚せい剤やアルコールなどの薬物に依存する薬物依存、
ギャンブルや窃盗症などの行為に依存する行為依存、
セックスや恋愛などの人間関係に依存する人間関係
依存があります。
病状によっては複合的に絡み合うことも珍しくありません。
病気というか、愛情不足を補う代償行為だからです。
 
アルコール依存症になると、アルコールも一種の薬物なので
アルコールが切れると禁断症状に陥ります。簡単にいうと騒ぎ出すわけです。
同じ家に住んでいる母親がそれに耐えられなくなり、アルコールを与える。
そうするとさらに症状が悪化して騒ぎ出すだけでなく、暴力を振るうようになる。
そこから母親が逃げ出したところ、父親が鍵をかけ、締め出してしまった。
どうしょうもないと思った母親が派出所に応援を頼んだところ、
配偶者暴力の危険性が高いということで、隔離された後、警察に保護され、
警察沙汰になってしまったというわけです。
 
もちろん、警察は父親のアルコール依存症を治してくれるわけではありません。
しかし、民事不介入と言われて、放置されてしまう状況ではなく、
最近では配偶者の暴力行為に対して対応をしてくれます。
ありがたいことですね。
ただ、今回の問題を解決していく時に思ったのは、
配偶者の暴力対処はできるけど、根本的解決に向けての対策は難しいことでした。
 
確かに依存症に対する認知度は高まりましたが、一方で依存症は実際どんな
病気でどんな症状が起きるのか、そしてその症状も個人の
性格それぞれによって異なるということが認知されていません。
そして、心の病と判断されれば、依存症に由来する病気になっても、普通の病院や
支援事業施設からは一律に拒否されます。これが、かなりツライです。
 
そして、依存症を治す専門的な病院も、依存症は本人の意思が重要で治そうという
気持ちがなければ、どの施設も受け入れてはくれません。
 
本人の意思を翻意させるには、底つき体験という、もう自分ではどうにもならない状況を体験する必要があるのですが、それがあまりにも壮絶なので死んでしまう人も少なくありません。そういうのを待たなければ助けられないという現在の状況は、一体どうなんでしょうか?
 
支援体制が、このように部分的に支援するセクショナリズムな状態なので、
最終的に家族が負担することになって、その負担は非常に重いものになります。
 
●依存症は性格習慣病

私が思うに依存症は、その人の”性格”から来る習慣(クセ)で、発生する社会的な病です。いわば、生活習慣病ならぬ、”性格”習慣病です。性格によって違いますが、年齢や立場によって社会環境が変わった時に、適切に対処できない状態の人が罹患してしまう病です。
 
そして、早期発見、早期対処をすれば誰にも迷惑をかけずに治すことができる
のです。しかし、放置すれば、周囲を巻き込んでものすごいダメージを与えます。
その有り様は、まるで自分を排除した家族や社会に復讐をするかのようです。
今後、依存症を増やさないためにも、何か受け皿的なものがあれば、と思いますし、
その受け皿に西洋手相術を始めとした占いが関わって社会貢献ができればなと思います。
 

大震災でお酒に頼る人が増加している

岩手、宮城、福島で飲酒量が増え続けている

 めっきり寒くなり、朝晩の冷え込みがキツくなってきましたね。

この間、仕事で朝から3時間ぐらい外で仕事したら、寒くて
身体が痛くなってきました。今年は年明けでないのに、寒いですね。
 
さて、ニュースを見ていたら気になるニュースがありました。
東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の三県の成人一人当たりの酒の量が増えているということが国税庁の調査で分かりました。
2011年以降、全国平均は横ばいなのに対して、
被災三県は増加傾向。たとえば、2015年では、
全国平均が81.6リットルに対して、
岩手が90リットル、宮城は84.2リットル、
福島は81.7リットルと飲酒量が増え、
その状態が維持されているようです。
 
身近な人との死別や将来への不安が引き金になって、
飲酒による健康障害や自殺が深刻化しているとのこと。
今後、被災者支援事業が終了して、将来の不安が増加すれば、
さらにアルコール依存症の問題が増加する
のではないかと予測されています。
 
特効薬がない、”依存症”という病
 
アルコールに限らずですが、依存症の最も大きな問題は、
特効薬が存在しない、ということです。
アルコール依存症というと、病院とか専門医に相談を、
ということですが、実際のところ相談しても問題は、
ほとんど解決しないことが多いものです。
病院はビジネスですから、治そうという意志がない人は、
最初から相手にしてくれません。しかし、本当に
助けが必要なのは、治そうという意志すらを持てなくなって
いる人だと思うのですが、、、、。
 
しかし、なぜ特効薬がないのでしょうか?
 
なぜならば、依存症は、その人の性格に大きな
原因があるとされているからです。たとえば、
アルコール依存症の約6割は、遺伝要因で発症すると言わ
れています。遺伝と性格は非常に密接な関係があり、
遺伝研究が進んでいます。
 
一方で、薬物依存症研究の先進国である
アメリカでは、依存症を病気と考える概念
自体を止める動きがあります。依存症は
本来繋がりを求めている人間の代償行為
に過ぎないので、病気ではなく、その人
の行動パターンに原因があるのではないか
と考えるようになってきたからです。
 
特効薬がないのですから、薬や治療だけでなんとかしよう
という考え方は止めて、普段から依存状態にならないように
環境を改善し続ける作業が大事だと思います。
ナイチンゲールが病の回復に最も重要なのは、
環境の整備だと言ったように、依存症でも
環境整備の方に力を入れて欲しいと思います。
そして、占い師を環境整備でも活用してもらい
たいです。
 
「孤独」にならないようにする
 
人間的な”つながり”の代償行為である、依存症。
薬物、アルコール、恋愛、セックスなどの依存状態が発症
する前には、必ず「孤独」という環境が存在しています。
 
誰にも相談できない、コミュニケーションをとる機会がない、友達がいない、新しい
ことを学ぶ、興味のある世界が存在しない、などなど、その人が社会と寸断されている環境が長く続いている時に、薬物やアルコール、恋愛、セックスと言ったものに溺れていくというプロセスが必ずあります。
自分は社会から見捨て
られているという感覚そのものが引き金になるのです。
一旦、依存症になれば、薬物やアルコールが孤独を埋めてくれる
ので、そこを断つのはなかなか難しくなります。
なぜならば、クスリやお酒が、友達になっているから。
それをクスリやお酒を絶交させる家族や友人と対立して、
さらに「孤独」になるというマイナスの循環になります。
 
だからこそ、普段から「孤独」にならないように、
相談できる人やコミュニケーションを取れる人を
増やしておくとか、新しいことを学ぶ機会を増やす
ことが大事です。そして、どんなことに「孤独」を
感じるのか?
どういう状況で「孤独」を感じるのか? 自分の
性格を客観的に把握することが何よりも大事です。
そのような環境を整備することのために占いを活用する
というのは、とても良いことだと私は考えています。
 
自分の性格や行動パターンを分析したくなったら、

自分一人で生きていると思うと、うまくいかない

★依存症の原因は家庭環境にあり★


西洋手相術占い師、叶多幸です。

私の人生というか、占い師として

解決したいテーマは「依存症」です。

依存症は、薬物や酒、ギャンブルなど

高揚感や快感が得られるものを繰り返し、

求めてしまう症状をいいます。


依存症の原因は、主に育った家庭環境によって

生み出される、ということがわかっています。

なぜかというと、人間が生きている基礎が

社会にあるからです。


★人間は社会的動物であるが故に愛を求める★

人間は社会的な動物で社会を除外して存在する

ことはそもそも不可能です。

その人間が社会性を学ぶ場が、生まれてから

最初に接する社会である家族です。

そこでいろいろなことを学ぶのですが、

なかでも最も重要なことは、「愛」を学ぶことです。

愛は他人の思いやりだったり、寛容さだったり、

調和だったり、優しさだったり、正直だったりします。

愛を学べないと、自分の力を恃みに生きていく

ことになります。それはつまり、挫折に弱くなる

ということです。

★愛を知らないと挫折に弱くなる★

親の暴力や育児放棄などで愛のない家庭で育つと、

他人を信じることができなくなるので、

ますます自分の力しか信じられなくなります。

ところが、人生はいろいろあるもの。

どこかで自分の力が全く通用しなくなることもあります。

そうやって挫折したときに、前に進めなくなったり、

やり直そうということができなくなる、ことがあるのです。

そのようなピンチに遭遇したときに、

自分の力が無限であるような気持ちにさせてくれるのが、

薬物やアルコール、ニセの恋愛だったりするのです。

挫折がきっかけで、浮気に走る人、相談者の方で

結構いらっしゃいます。

ところが、夢から覚めた後には、何も残っていない。

これの繰り返しなのです。

依存症を克服するには、ホントの愛を学ぶ、経験する

ことしかないと思っています。

★アルコール依存症の父親に家族愛を実践してみる★

今、父親はアルコール依存症で最近は家族どころか、

社会にも迷惑をかけ始めています。依存症状も一向に

治らず、悪化している感じもします

今まで自分の親ということで敵対していました。

長男だから、という責任感もあったかもしれません。

「もっと、しっかりして欲しい!」と言い続けていた

のですが、そういう態度を一切やめることにしました。

これからは、占い師で使っていた「愛」のプログラム

を実行してみようと思います。

具体的には、会話を増やし、相手に寛容になる

ということです。

この「愛」のプログラムで

父親が子どもの頃に得られなかった家族愛を体験

してもらうことが症状を改善する第一歩になると

思っています!

まずは、親しい話し相手になるというところから

スタートしたいと思います!