西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

手相と人間関係

ハグのススメ

●ヘルメス神(小指)は自分自身を評価する鏡
 
 
 西洋手相術では、小指はヘルメス神(水星)が守護する指です。
 このヘルメス神は神々の交渉役で、媒体の役割を果たしています。なんの媒体かというとアポロン神(太陽)、
つまり自分自身を伝えるための存在なのです。
 
 さて、小指が短い人をたまに見かけますが、小指が短い人や小指が生えている位置が低い人は、だいたい自己評価が
低く、自己承認欲求が満たされていないケースが多いのですが、最も大きい原因として家庭環境に問題
がある場合があります。

 私は家庭は社会の最小単位だと思っているので、家庭で演じている役割や状況が社会での役割や状況に通じていることがあると考えています。
 
つまり、家庭の中で愛情が得られない場合、必要以上に自分を貶めたり、蔑んだりする癖が小指の短さとなって表れているのです。
 
●愛着障害とは?
 
 『愛着障害』(光文社新書・岡田尊司 著)という本が
あります。

子どもの頃のスキンシップが不足すると、人間は自分は必要のない存在だと考えて、重度の場合は摂食障害が起きて衰弱死したり、自分であるという感覚が欠如していくアイデンティティ障害が起きると言われています。比較的軽い場合でも親密な関係を持つことが苦手だったり、問題を起こしたりして、社会生活を営むことが
辛くなってしまいます。
 
 では、愛着障害の症状を緩和する方法はあるのでしょうか?実はあります。それは、幼い頃の愛着不足を取り戻すという行為です。なかでも愛着不足を取り戻すきっかけとなる行為がハグすることです。家族とのハグや親しい人とのハグは、スキンシップという側面だけでなく、支えて守るという側面が合わさった行動なのです。
そして、脳内ではオキシトシンが分泌され、免疫力を高め、
心の安定を測ることができます。
 
ハグをして、愛着不足を補って、元気に
生活していきましょう!

友達幻想と感情線

●友だち幻想論
 
『友だち幻想』の本が人気ですね。30万部突破だとか。
私の本も、そんなに売れたらなーと思ったりします。

 

友だち幻想の本は、菅野仁さんという社会学者が書いた
本です。菅野さんは、この本で現代は貨幣経済によって
高度に個人化された社会で、個人が直接、他人と関わら
なくても一人でも生きていける社会である。と、現代社会を定義した上で「ネオ共同性」という
みんなと一緒でなければいけないという同調させるような
圧力が発生しているために、生きにくくなっていると主張
しています。
 
現実の個人社会と幻想の共同社会の
軋轢が人間関係の問題を深刻化させているということです。
この問題を解決するには、人との距離感が大事だという
ことを菅野さんは伝えています。
 
●人間関係を表す「感情線」
 

 
ところで、西洋手相術でその人の人間関係を表すのは、
感情線という線です。
 
感情線が長いというのは、人差し指の下あたりまで伸
びていることで、感情線が短いというのは、中指の下
あたりまで止まっている、ということです。
感情線が短ければ短いほど、人との距離感を取るのが
苦手な人が多いです。
 
西洋手相術的な理由ですが、感情線が短いと土星という内側に向かう圧力が大きくなるため、妄想に惑わされやすくなる、ということです。つまり、実体のない
友だち幻想にも惑わされやすくなるのです。
しかし、貨幣自体も幻想から生まれたものですから、もともと人間の妄想力自体が人類の発展を促して来たもので、妄想力自体に罪はないと私は考えています。
 
人間関係では妄想せずに、距離感のバランスを取ること
が重要かと思います。離れすぎても良くないですし、
近づき過ぎても良くないです。バランス感覚が磨かれる
と、自然と感情線も長くなっていきます。
 
●人間関係の線
 
今から100年前ぐらいの手相本を読むと、
感情線のことをHeart Line以外に通称(当時の占い業界用語で)
「Mensal」と書いています。
人そのもの、とか魂みたいな意味のようですが、
人の社会性みたいなものを表現しているようです。
人間関係でつまづかないためにも、
自分の感情線を磨き上げましょう!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
〜出版記念講座開催のお知らせ〜
 
『手だけで本性がわかる』(自由国民社刊)
出版記念・西洋手相術講座開催します。
 

 
日程:10月13日(土)13時〜19時
   10月27日(土)13時〜19時
場所:銀座(詳細はお申し込み後、お伝えします) 
価格:4万円(税込)
   『手だけで本性がわかる』の書籍付き
内容:西洋手相術の基本と実践の習得
 
第1章  手相占いと背景 
(手相の歴史と背景について説明)     
第2章  宮          
(西洋手相術の基本概念の惑星を説明) 
第3章  線         
(西洋手相術の線について説明)     
第4章  流年法       
(未来予知の方法について説明)     
第5章  指紋と爪      
(指先の占いについて説明)        
第6章  手のひらに現れるしるし
(手のひらのマークについて説明)  
第7章  実占         
(手相の実占について説明)   
 
※レッスン後、西洋手相術の理解を深めるために最大2時間
までの質問セッション(無料)を受けることができます。
 
お申し込みは、こちら
kanotako@kanotako.com まで!

感情は放っておけば、いつの間にかなくなる

怒りで人生を棒に振らないために・・・
 
今年は政界、相撲界で怒りをきっかけに人生を棒に振ってしまう人たちがたくさんいました。
私も他人事ではないなと思いました。
 
西洋手相では、手を閉じた時に親指の第二関節あたりにお肉が余っていたり、手のひらの真ん中に線が多い人は、火星が強いと言われています。仕事ができる人も多いのですが、怒りが暴発する人も多いです。
 
これから忘年会や新年会を迎える人も多いと思いますので、突発的な怒りの制御法は是非とも覚えておきたいものですね。
 
●感情の法則とは?
 
森田正馬さんという精神科と神経科のお医者さんがいます。
もうお亡くなりになられたのですが、森田さんの編み出した
悩みがちな人のための療法は、「森田療法」として有名です。
その中に、感情の法則というのがあります。
 
その第一に「感情は放置すれば消失する」というのがあります。
怒りの感情も同じで、「カチン!」とか「むかっ!」と来た時には、
感情のピークで、どうにも収まらない気がするものですが、
少し放っておけば、その怒りの気持ちは消失して
しまうものなのです。ところが、その感情に集中したり、
短時間にその感情を繰り返し経験すると、怒りの感情から逃れられ
なくなります。
 
そこで、怒りの原因となる刺激を遠ざける、
というのが、怒りの感情を早く消失させる
ポイントです。
 
怒りの感情が出て来たら、10数えるというのもいいですが、
私などは最近、「静寂な場面」を思い浮かべるようにしています。
思い浮かばなかったら、iPhoneで撮影した
自然や神社の写真をみるとかして、落ち着ける
ようにしています。
私の知り合いでは、子どもの写真を
見る人もいました。
 
あとは、許容力を増やす訓練です。
 
年をとってくると感情線が頭脳線に伸びて、手のひらで
真一文字になってしまうことがあります。
要するに頑固になって来ている証拠なのですが、
こういう線が出てくると許容力がなくなって来ます。
 
オススメは、神社に行ったり、自然を見たりすること。
何千年と御鎮座している神社の歴史に触れたり、
何万年という自然の歴史に圧倒されたりする
神様や自然の偉大さを感じるとともに、
自分のちっぽけさを心に刻むことができます。
いざ、怒りの場面に対面したときに、怒りに直結しなくて
済むようになります。
 
ただ、アルコールが入ると怒りの原因に集中したりして
怒りが増幅されるので、酒の量もほどほどにしたいですね。
外に出て深呼吸というのもいいかもしれません。

不登校と西洋手相術

★不登校の子どもが
     増えている!?★



西洋手相術占い師、叶多幸です。

最近、不登校の子どもが増えているそうです。
朝日新聞などの調査によると、
1993年は約3万3000人だったのが、
2014年では、約6万5000人!

ほぼ倍になっていますね。

学年別に見ると、年齢が上がるほど、
多く最も多いのが中学生だとか。
人間関係が複雑になる、というのが理由だそうです。

でも、自分自身の昔のことを思い出してみると、
小学校の方が不登校になりそうだったような気がします。
いじめも多くて、5年生の時には学級崩壊が起きてました。

逆に中学校は、学校自体の成績が市内でビリから2番目
という学校でしたから、自由奔放な感じでのんびりして
いたので、いじめはなかったですね。不良に校舎の裏に
呼ばれる、というのはありましたが(笑)。

★個性を認めた教育を意識しよう!★



あくまでも自分自身の経験から言うのですが、
小学校の頃は、かなり厳しく団体行動を意識させられた
というのがあるんですね。こうじゃなきゃいけないという
物差しみたいなものが決まっていて、それ以外の人は
脱落していくという。絶対的な価値観があると、
ヒエラルキー(階層化)ってできやすいと思います。

強者のしわ寄せを一番弱いいじめ対象になる子どもが食らう感じですよね。

しかし、
逆に価値観が相対化すると、いじめ自体が起こりにくく
なるのではないでしょうか。


中学校の時は、喧嘩が強い不良も尊敬されていたし、
運動ができる人も尊敬されていたし、逆に頭がいい人も
尊敬されていて、個々が独立していたような気がします。
学校制度ももっと個性を認める教育が必要になるのかも
しれませんね。

さて、手相とどのような関わり合いがあるのかというと、
最近の傾向として、個性的な手相が結構増えてきたな
という実感があります。
特に若い人の手相を見ている
とです。これからは、手相を見て、自分の個性を発見し、
それを磨いていく時代だと思っています!

自分の個性的な手相を知りたい方は、叶多幸まで!