西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

神社

神様の寄り添い方

●見えない神様は、私たちにどう寄り添ってくれるのか?
 

 神社で神様に参拝して、祈願したりして、神様にお願いごとを
します。しかし、神様の存在は目に見えないので霊能者じゃない
とわからないという向きがあると思います。そのため、本当に願い
を聞き届けてくれているのかどうか不安になるという人もいるかも
しれません。
 
 しかし、神様は確実に寄り添ってくれていると思います。
何だか温かな気持ちになったり、悩みのことを一瞬忘れてしまったり、
清々しい気持ちになったり、優しい気持ちになったり。。。。
そういう感覚になるのであれば、その瞬間、確実に神様は
あなたの近くにいるはずです。 

●悲しく、つらい心情を神様に伝えてみる
 
昔の日本人は和歌で自分の心情を表現していました。
言葉そのものを伝えるのではなくて、その言葉の裏にある
心を伝えることを日本人は重要視してきました。
そして、自分の心を吐露すると、それに対して
神様が慰めてくれるということがあります。
 
たとえば、京都の貴船神社にもそういう逸話があります。
あるとき平安時代の歌人であった和泉式部が離れて
しまった夫の心を取り戻そうと貴船神社に
願掛けをしました。
 
その時、貴船川については消える蛍の光を見て和泉式部は
 
「悩みが深すぎて、その蛍の光のように魂が自分の身体から
抜け出てしまうのではないかと思う」
 
と和歌を歌いました。
 

 
 すると、貴船神社の社殿のなかから男の人の声で次のような
返歌がありました。
 
「しぶきを上げて落ちる滝の水玉のように魂が抜けて死んで
しまうように、あまり思い悩むものではないんだよ」
 
ということです。あなたの気持ちはわかるけど、
悩みに耽溺してはいけないよと伝えているわけです。
優しい神様ですね。
 
 その後、和泉式部の願いは叶えられ、夫と
復縁をしたそうです。神様が寄り添ってく
れたことで、問題まで解決してしまったと
いうことです。
 
あなたも悩んで神社に参拝する時、神様がどのような
ことを語りかけてくれるのか、感じてみま
しょう。本気で心情を吐露すれば、神様は
必ず語りかけてくれるはずです。

再び滝行へ














★滝行でパワーチャージ★

本日は灯台屋さんで対面鑑定です!
が、時間が18時~21時となります!

鑑定ご希望の方は、18時以降
お越しくださいませ!

さて、

この間の滝行がとても良かったので、
人生3度目の滝行に行ってまいりました。

自分の根源的なパワーを
回復してくれるようで、

とてもいい感じです。

今日もまず、頂上の御嶽神社に行き、
お祈りをしました。

標高が900m以上なので
雲の中に入ってしまった
御嶽神社。

そこから、
山の中をてくてく30分歩いて、

滝に到着!
滝行をします。
水不足で水量は少なかったですが、
パワーをチャージしてきました。

神社検定を受ける

★神社検定「壱級」を受けてきました!

第5回神社検定を受けてきました! 
今年は初めて「壱級」を受けたのですが、ほとんど勉強できなかったので、
結果は厳しいかもですねー!

初めて受けたのでレベル感はわかりませんが、中世・近世の神道史の比重が多かったのと、試験範囲だった『古語拾遺』からの問題が
30問ぐらい出ていました。

教科書を読み込まないとわからないやつです(涙)。

『日本の祭り』が約317ページ
『神話のいろは、要語集(宗教編)』約277ページ
『神話のおへそ「古語拾遺」』約295ページ
プラス『皇室』67~70号

結構な読書量ですが、教科書をきちんと読んで
おけば合格はできそうでした。

あと、6月30日は夏越の大祓ですから、
日程が近いとあって、
大祓の問題は必ず出るみたいですね。

なかなか合格できなくて、すでに4回ぐらい
受けている私ですが、
以前よりも問題が、だいぶやさしい
感じになったので合格者も2015年よりも増える
感じがしました。会場も人が多かった気がしました。

私も合格できればいいなぁ!(涙)

ダメだったら、また来年頑張ります!

イライラしたら魂振りを!

★集中力を高めるためには、魂振りを★

「なんだかイライラするな~」とか
「目の前のことに集中できない」
とか
なんてこと、誰でもあると思います。

そんな時には、この間、滝行で習った
「魂振り」がオススメです。
滝行から帰ってきて、ことあるごとに
やっているのですが、
なかなかいい感じです。

同じように滝行に行った人も魂振り
をやっているのですが、気分がとても
落ち着いて仕事に集中できるといいます。
その方は、トイレでやっていて、
罪(ツミ)穢(ケガレ)を一緒に水に
流すそうですが(笑)。

よく祓が行き届いている(お祭りされ
清掃されている)神社とかでやると、
さらに効果的
です。

★魂振りのやり方★

やり方は、簡単です。

1、
へその下から指三本下のところにある
丹田の所で、左手を下に、右手を上に
して、丸い玉を包むようなイメージで
手を合わせます。


2、
手首のスナップを効かせて、
手で包み込んでいる自分の魂を
振ります。

ボールを転がしているイメージです。

3、
魂を振っている間は、「祓戸大神」
(はらえどのおおかみ)
の名前を
唱えましょう。

祓戸大神は、次の四柱の神様です。
(神社検定の試験でも出ます)

1、瀬織津比売(せおりつひめ)
山の急な川(滝)にいる神様で
川から海へ罪穢を流す
神様です。

2、速開都比売(はやあきつひめ)
潮流が重なる潮の渦の中心にいる
神様で禍事・罪・穢れを飲み
こんでくれる神様です。

3、気吹戸主(いぶきどぬし)
罪穢を根の国、底の国へ、
吹きはらってくれる神様です。

4、速佐須良比売(はやさすらひめ)
根の国、底の国にいる神様で、
罪穢れを持ち去って、罪穢れを
流れ離して、なくしてくれる
神様です。

四柱の神は、天照大御神の
魂の化身
とも言われています。
天照さま自身、父親である
伊邪那岐さまが禊をしている
過程で生まれたことからきている
ようです。

★たましいは、魂が痺れている状態★

たましいのしい(しひ)」というのは、
『万葉集』では痺れる
という意味。
昔の日本人は、何かにとらわれると魂が痺れて、
身体から遊離する
と考えていたようです。
遊離しているとどこか心あらずの状態になって、
病に臥せったり、調子が悪くなったりします。
恋わずらいもそうなのですが。
集中できないとか、イライラするという
状態は、どこか魂(たま)が痺れて遊離して
いる状態なのかもしれません。
そんな時こそ、魂振りですね!

名古屋で神社巡り


★名古屋で神社巡り★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
名古屋に来てます。
教え子のあさくら雅さん
が育った町、瀬戸に行きました!

瀬戸は陶器の町で有名で、
神社も独特でした。

窯神神社というのがありました。

秋葉大権現、天神さま、金比羅さま
と加藤民吉という人を祀っています。

加藤民吉さんは、伊万里焼の製法を
学び、瀬戸に磁器製作を
もたらした職人さんです。

当時、瀬戸焼は、伊万里焼に押され
多くの職人が職を失っていたそうです。
幕府の規制で窯を継ぐのは長男のみ
とされたので、次男であった民吉さん
も職を失って、名古屋の新田開発に
赴きます。

そこで、津金文左衛門という熱田奉行
と出会い、出資してもらって、
九州で磁器の製法を学びます。
磁器の製法を導入した瀬戸は
息を吹き返します。

ただ学ぶと言っても、学生として学ぶ
のではなく、一介の職人として
窯に入り、頭角を現して、学び
とっていく方法
で学んでいたので
すごく大変だったのではと推察します。
仕事熱心で評価されたという逸話が
たくさん残っている人です。

ホロスコープを見ると、
木星と火星が合。プロフェッショナル
な人だったんだなと思いました。

★うなぎは美味かった・・・・!★

次に瀬戸の産土神、
深川神社に参拝。
ご祭神は、天之忍穂耳尊など。
創建は、771年、天津神を勧請した
とのこと。
のんびりしたいい雰囲気の神社でした。
拝殿の瓦は織部焼です。

直会は、近くのうなぎ屋さん(田代)で、
済ませました!
関東風の素焼きや蒸しはなく、
そのまま焼く、関西風。
とっても美味しく頂きました

八方除の寒川神社に行ってきました!



★寒川神社に
   行ってきました!★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
相模国一宮 寒川神社に
参拝してきました。

御祭神は、寒川比古命、寒川比女命で、
二柱で寒川大明神
と称されています。




創祀が不明で、雄略天皇の時代に、奉幣が
あったことが記されています。醍醐天皇の
時代に制定された延喜式(927年完成)
という法律では、相模国唯一の大社として
定められ、特に霊験あらたかな明神大社
として列せられている由緒正しい神社です。

参拝してみての感想は、とても不思議な神社
ということ。国つ神の雰囲気と天つ神の雰囲気
併せ持つ神様
なんじゃないかと思いました。
両方の良さを持っている神様のような
感じです。
場所的には異界の入口みたいな
雰囲気があるんですよね。

八方除の由来も知りたかった
のですが、文字情報としてはなかった
ですね。。。。

寒川神社は、太陽が春分、秋分、
夏至、冬至のいずれの時期にも太陽が真上を
通る場所にあります。
太陽と深い関係があるのでしょう。

以前、多賀大社に行った時に、寒川神社と
同じような雰囲気を味わいました。

造りも似てるなーと思いました。

寒川大明神は八方除けの神様で
伊邪那岐の神さまは、禊祓を作った神様
なので、ちょっと似ているかもですね。

とても面白い神社なので、箱根に行く時
には、毎回寄ってみようと思いました!

ところで、神社の勉強会を先月から
スタートさせました。神社好き、
神話好きな人は、ぜひ。

来月は、神社検定の試験対策を
ちょっぴりとやっていきたいと
思っています!

第2回 神社巡りの会やります!


日本橋のパワースポット

★日本橋にある癒し系神社★

西洋手相術占い師、叶多幸です。
ちょっと疲れたなと思う時に、オススメなのが、
近くの神社にふらっと立ち寄って、
神社で魂のエネルギーを充填することです。

そんな気軽に行ける神社もちょくちょく
ご紹介できたらなと思います。

まずは、打ち合わせや仕事の帰りに
よく行くのが
東京・日本橋の福徳稲荷神社です。



創建時期は不明ですが、平安時代、貞観年間(859~876年)には
鎮座していたとの言い伝えがあるそうです。源義家、太田道灌など
の武将に厚く崇敬をされていたとの言い伝えがあります。
もちろん、徳川家康、秀忠も参拝したとの記録があります。
江戸時代、富くじを興行していた数少ない神社として、
知られています。

宝くじグッズもありますが、1回も当たらないです(笑)。
が、ハズレくじを納めると何かを癒してくれる感じがします。
多分、ちょっぴり金運が上がるのでしょう。

福徳稲荷神社は、日本橋の街の開発や変遷で幾度となく
お引っ越しを繰り返してきました。
一時は飲食店の店内に遷座したことも。
2014年の10月に、コレド室町2の現在地にご鎮座されました。

ちょうど四つ辻の一角にあって風の通りが気持ち良い
感じです。もちろん、社殿も新しいのでヒノキの香りが
とっても癒やされます。

高層ビルの真ん中にあるのですが、
森を感じる不思議な神社です。

お知らせ!

2月14日(日)13時~15時
神社のことについて色々語り合う

第1回神社巡りお茶会は、こちら!