西洋手相術占い師 - 話をするだけで癒される手相占い師
西洋手相術ブログ

自己効力感を高めるには?

●自分ができる、できないの感覚

 何かが自分ができるとか、できないという感覚は、
「自己効力感」というそうです。
 
 人が実行するかしないかは、自己効力感をどのくらい
感じているかによる、と提唱したのがアルバート・バンデューラ
というカナダの心理学者です。
 
バンデューラが行った実験は、子どもを2つのグループに
わけ、一つのグループには大人が風船の人形を叩いたり、
蹴ったりしているところを見せる。もう一つのグループには
風船人形で大人が遊んでいるところを見せるという
実験をしました。
 
すると、前者の子どもは後者の子どもよりも攻撃的になった
と言います。
 
この実験で子どもは何かに促されなくても、自分で模倣をして、
行動することがわかりました。
 
●2つの予想
 
攻撃的になった子どもは、次の2つの予想をしていたと
バンデューラは言います。
 
一つは、大人ではなく自分が叩いて成功しそうか
という結果予期。これは知識や経験からつくられます。
 
もう一つは、自分が叩くという行動を実際に行動に移せ
そうか、という効力予期です。
 
この2つが自己効力感をつくっているということなのですが、
これらは全て主観によって生み出されるというところに
問題があります。 
 
 そして、その主観は実験の結果通りに親の行動
などの模倣から生まれます。
 
 ドメスティックバイオレンスとかモラルハラスメントなどは、
自己効力感が悪い方向に影響しているんじゃないかなと思います。
間違ったかたちで他人をコントロールしようとするための
自己効力感は家庭でつくられているような気がします。
 
もちろん、自己効力感は主観なので書き換えることができます。
そのためには、すでに成功している人を模倣したり、その人の
話を聞いたりして、自分の見方を変えていく必要があります。
親だけではなくて、自分の人生を自分でコントロールするためには、
成功しているコーチやメンターの存在がとても重要だということが
わかります。

自己効力感を高めるには?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment